BMW アルピナ B5 ビ・ターボ リコール情報 燃料ポンプ不良

2月13日 BMW アルピナ B5 ビ・ターボにリコールが出たのでお伝えします。

・内容 燃料装置(燃料ポンプ)

一部抜粋

燃料ポンプにおいて、配線と端子の圧着作業が不適切なため、過度に 圧着されているものがある。そのため、電気抵抗の増加によって当該 部分が過熱して周辺部分が溶損し、燃料が漏れるおそれがある。

・対策 全車両、当該燃料ポンプを対策品と交換し、端子コネクタを新品と交換する。

・該当製造年月日 平成 22 年 10 月 15 日~平成 23 年 8 月 12 日

・台数 34台

以上です

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする