新型ワゴンRのリコール発表!エンジン始動不能の恐れ有り

国土交通省から7月6日発表になったリコールです。

リコールの届出について(スズキ ワゴンR 他)(2017年7月6日)

新型ワゴンRとOEMのマツダフレアですね。

内容がこちら。

補助電源モジュールの制御プログラムが不適切なため、減速時アイドリングストップ状態から再加速 に切り替わる過渡期に、スタータ機能付発電機に流れる大電流を過大と判断し、鉛バッテリへの充電回 路を遮断したままとする保護制御に入ることがある。このため、表示灯が点滅し、そのままの状態で使 用を続けると、鉛バッテリが放電し、最悪の場合、エンストやエンジン始動不能に至るおそれがある。

国土交通省のHPより引用

読み解くと、バッテリー上がりになってしまうということですかね?

エンジンがかからなくなっちゃうということなので、早めにリコールを受けた方がいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)