スズキの完成検査不正リコールについて 販売店の対応は?

スズキ車で、スバルや日産と同じ完成検査不正リコールが発表になりました。その数なんと202万台。

先行して出ていた、スバルや日産はどのような対応をとったか?

まずはスバル。これは12ヶ月点検や車検時に検査ラインで完成検査を行い、基準内に適合しているかを確認しました。ディーラー以外でも、指定工場であればリコール作業が可能で、基本的には自動車検査員が完成検査をしないといけませんでした。

うちのお客さんでも該当されている方は全て作業を終了しまして、メーカーのスバルから郵便振替でキャッシュバックが本人へと郵送された。

続いて日産。こちらは台数が少なくてディーラーで全て作業を行ったので、詳細はいまいちわかりません。ただ、12ヶ月点検や車検時に作業をしたので、その基本料は無料になった。

そして今回はスズキです。この台数はもはや相当な数にのぼります。近隣のディーラーでは作業しきれないということで各指定工場へも応援がきました。

今日はその内容を聞いたので紹介します。

リコール作業はやはりスバルや日産と同じで、自動車検査員による完成検査を行うもの。12ヶ月点検を行ったら、そのまま検査ラインで保安基準に適合しているかどうかを検査する。車検も同様です。

お客さんにとってはどちらがメリットなのか?

これは車検と同時にリコール作業をしたほうが絶対にお得です。

12ヶ月点検時にもリコールはできます。ですが、その時の整備基本料金が無料となるのみ。車検の時に一緒にリコールをやると、やはり整備基本料金から検査費用などが含まれるため、ユーザー側へのメリットが大きくなります。

金額的にすると、12ヶ月点検時だと15000円くらいしかメリットがないのに対して、車検時には3万円程度メーカーが負担してくれる。

つまり、リコール対象車が車検を行うと、整備代金の大半が自動車メーカーのスズキが支払ってくれる感じです。当然法定諸費用はかかるし、追加整備工賃はかかってきます。

こういうことを言ってはいけないわけですが、最大限リコールを利用もしくは恩恵を受けるとするならば、車検時にリコール作業をオーダーしてください。

12ヶ月点検時に作業をすると、メリットは半分以下になります。

リコールをしないとどうなのか?新車の完成検査に不備があったとはいえ、街乗りで使う分にはなんの弊害もでないと考えます。何かの部品がダメとかそういうわけではなくて、検査をした人間に問題があったわけです。

ちゃんとした資格を持った人間が完成検査をしないで、検査補助者が合否判定をしてしまったという内容です。

車自体に欠陥部品が組み込まれてるわけじゃないので、できる限り車検時のリコール作業でオーダーしていただけるとスムーズかつメリットが大きいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする