リレーとは?リレーの仕組みと何故リレーを使うのか?

知り合いの家が引越しをするというので、実家の軽トラックを出すことにしました。スチーム洗車機をつかって根こそぎ掃除をしたんです。

その甲斐あって、見事綺麗な軽トラになったんですがスチーム洗車のやりすぎで、ウインカーがつかなくなったんです(泣)

あほな整備士・・。

スチーム洗浄したその日はウインカーも動いていたんですが、その翌日に見事にウインカー死亡。

泣く泣く故障診断を行いました。

電装系の故障で、まず一番に疑うのがヒューズ。

ヒューズボックスにある、ウインカーのヒューズをチェックしたところ正常。

うちのスズキのキャリーは、バックランプとウインカーのヒューズが共用しているタイプで、バックランプは問題なくつくことから、ヒューズは正常と判断。

きっとヒューズが飛んだだけだと踏んでいたので、ちょっと厄介な感じ。
軽トラックはよくレバースイッチが逝ってしまうことがあるのですが、これは多分正常でしょう。今まで使えていたわけだし。

となると、犯人はおそらくリレー

と、経験論から診断をかましてウインカーリレーを確認しました


キャリーのフラッシャーリレー

なんでこれが犯人と思ったかというと、スチーム洗車を室内の埃も吹き飛ばすようにかけたんです。そのときヒューズがとんだなと思ったんですが、不運なことに、フラッシャーリレーがヒューズボックスの隣にあるものでして、これも被害をこうむっていたと思ったんですよ。

で、リレーを分解してみました。

3極リレーです。


カバーを外してみると


基盤がついております。


よぉくみると、ショートしています(泣)犯人はこいつか!

ということで、前置きが非常に長くなりましたが、本日はリレーについての更新です

リレー

このリレーという言葉は、大体の人は聴いたことがあると思います。
電装系にはリレーがついている。

このくらいの知識は、車に乗っている人であればなんとなくきいたことがあると。

ではリレーとはいったいなんぞや?

と、いうと、

簡単に言うと、

遠隔スイッチ

です

なぜリレーが必要なのか?

単純に、エンジンをかけることを考えてみましょう。

鍵をまわして、イグニッションスイッチをスタートまで回すと、セルモーターがまわり、クランキングされてエンジンがかかります。

このとき、バッテリーからセルモーターへはものすごい大電流が流れます。

これをリレーがない状態で考えてみると


キーをひねる→セルモーターに電流が流れる=イグニッションスイッチに大電流

という流れになります。
スイッチ類に大電流を流したりすると、接点が痛んだり電流によっては太い配線を使わないといけない。細い配線だと熱を持って溶けてしまいます。

このように、リレーという遠隔スイッチを使うわけです。

リレーの仕組みはというと


中にはこのように導線が巻かれています。

これに電気を流すと、電磁石になり、接点を引き寄せてリレーの配線をつなげるという仕組み。


リレーに電源が流れると


わかるかな?

接点が設置したね?これでリレー配線が導通します。

ノーマルオープンリレーとノーマルクローズリレーという種類があります。

いずれにしろ、4極リレーであれば2極に電気を流すとスイッチONになって残りの2極で大電流を流すことができる。

と、まぁこれがリレーの仕組みです。

ちなみに取り寄せた家の軽トラックのフラッシャーリレー


中身は封印されていました。

リレーを交換したら、ウインカーは正常に働きました。

ちなみに、こんなちんけなリレーですが3500円もしますので、

パンクさせないようにしましょう(大泣)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする