リバースタイヤの見分け方・リバースホイールとは?

本日はリバースタイヤについて。

リバースタイヤとは何ぞや?

正確にいうと、リバースホイールです。

タイヤをホイールに組み付ける際に裏側から組むホイールをリバースホイール

通称

リバースタイヤといいます。

ぱっと見た目でどのように判断するのか?

いってみましょう。

これはリバースホイールです。

リバースホイールを見分けるにはホイールの裏側を見ます


指を刺しているところ、ホイールのリムの一番出っ張っているところ

これをドロップといいます。

このドロップが、外側に近いかそれとも内側に近いか?

これでリバースホイールが決まります。

リバースタイプはホイールの内側(車両側)にホイールのリムのドロップがあるホイールを言います。


ドロップからの距離を見ると内側のほうが短くて外側のほうが長いでしょう?

こういうホイールはタイヤチェンジャーにホイールを逆さにセットしてタイヤをはめます。

リバースホイールのメリットは、いろんなデザインにできることですね。
流行の深リムホイールなんかもリバースが多いのではないでしょうか?

これで皆さんもリバースホイールマスターです(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする