MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ラウンドアバウト交差点

time 2014/11/04

ラウンドアバウト交差点

外国ではずっと前から設置されてきましたが、ここ日本においても順次採用されてきている交差点があります。それは

「ラウンドアバウト」

と呼ばれる交差点です。別名でいうと環状交差点というものです。今までの交差点というと、十字路があって、その真ん中に信号機があるイメージですよね?このラウンドアバウトと呼ばれる交差点には信号機はありません。そして形状が十字路ではなくて円形になっているのが特徴です。

roundabout

これが長野県下で使われているラウンドアバウトでの標識になります。これをみれば何となくイメージがわいてくるんじゃないでしょうか?

基本的にロータリーの中を回っている車両が優先車両になります。ロータリーに差し掛かったら、ロータリー内を旋回している車に気をつけて合流します。基本的に時計回りです。そして自分が行きたい出口へ抜けて行くだけ。

ラウンドアバウトを導入する理由として事故が減るということが挙げられます。そして、重大事故も減るということだそうです。基本的に、十字路だと、車両同士の交錯点が多数発生しますが、ラウンドアバウトの場合はそれがかなり減るそうです。

ロータリー内を旋回している車は、ロータリーへ侵入してくる車に気をつけていればいい。通常の交差点だと、交差点を右折する場合は対向車に気をつけたり、その横から出てくる車に気をつけたり自分の横を走って行く車に気を取られたりといろいろ気を取られてしまう。

それらが減るということでヨーロッパでは事故の減少に一躍をになっているそうです。そして、進行方向が一定になるので正面衝突という一番最悪な事故を回避することができる。重大事故を減らすことが出来るわけです。

僕が住んでいる場所にはラウンドアバウトはありませんが、ちょっと足を伸ばせばあるみたいなので実際に走ってみたいなと思っています。Wikipediaで検索をすると、ラウンドアバウトの車両の車の流れが動画で見ることが出来ますが、見ているとなんだかややこしく見えます。でもおそらく実走そうでもないんでしょうね。

みんなで同じ方向をくるくる回って、自分が出たい道路が出てきたらウインカーを出して脱出するということですからね。

長野県の須坂市で導入したラウンドアバウトの説明を書いたHPがあるのでリンクを載せておきます。

交差点がラウンドアバウトになる前となった後ではすごい変わりようなのでびっくりしました。信号機もなくて維持費も安くなるみたいです。

皆さんの近くにはラウンドアバウトはありますか?

 

 

sponsored link

コメント

  • まさに家の近くに出来ました。

    嫁の親と嫁は、良く判らないから走りたくないって言ってましたが、ここを通った方が都合良いので走り方を教えました。

    今では楽だって言って走ってますけど、そんなに悩むものかな?

    by 韋駄天神 €2016年5月9日 11:32

    • 未だにラウンドアバウトを走ったことがありません。確かに合理的ですけど、最初はびびっちゃいそうです(笑)

      by MHO €2016年5月9日 20:46

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ