MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

RデフォッガとRワイパーとRウォッシャーが動かない

time 2015/11/04

RデフォッガとRワイパーとRウォッシャーが動かない

車検で入庫したハイラックスサーフ。RデフォッガとRワイパーとRウォッシャーが出ないというトリプル困った症状の原因を追究することになりました。
まずはヒューズ。全てにおいて問題がなし。Rデフォッガについてはスイッチを押しても
パイロットランプも何も点灯しない。RウォッシャーとRワイパーは作動音すらしない。
こうなってくると一番怪しいなぁと思うのは配線か?Rハッチの付け根あたりで全て切れちゃっている?
と考えると全て合点がいきますし、同僚の整備士もそういっている。
それでも一つずつ問題を解決していくことにしました。まずはデフォッガ。いわゆる熱線である。
スイッチを外して導通を検査したが、5極カプラーが絡み合っていてよくわからない。カプラー側ではACC電源3本・イルミネーション電源1本・アース1本ということがわかった。

sb-log538-01

とりあえずリヤのハッチの内張りをはがしてみた。そしてよぉく観察すると問題が解決。
このハイラックスサーフはリヤゲートのガラスにパワーウインドウを備えて上下する。
そのガラスを下げたときに、ハッチの中の安全装置のようなものが押されて、接点がOFFになる。
で、ガラスを上げると接点はOFFのまま。ここの接点の動きが渋くなっていた。おそらくリヤガラスなどたまにしかあけないのだろう。接点の動きを解消して、つなぎなおすと直った。
続いてRワイパーとRウォッシャーである。Rワイパーモーターのカプラーを抜いて、カプラー側からサーキットテスターで電源を調べてみると、ここまで12Vはきている。
ではモーターが駄目になっているのかなと。

これも5,6極のカプラーなのでうかつにはつなげられないが、思い切って直12Vをモーターに与えてみた。ら、動いた。
どうやらモーターが焼きつき寸前で、直12Vの強力な電気でショック療法的に回復したらしい。
ワイパーが動くとウォッシャーモーターも出た。とりあえずここまででオーナーはいいということで終了。
モーターは動かなくなったら交換することに。
さすがに3つも作動しないものがあると、故障診断も時間がかかってしまいましたとさ。
直ってよかった。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ