MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

RX-8 SE3P フロントブレーキパッド交換

time 2015/10/24

RX-8 SE3P フロントブレーキパッド交換

本日は、マツダRX-8
SE3Pのフロントブレーキパッド交換をお伝えします。

c-log813-01
RX-8 SE3P

フロントブレーキパッド交換

c-log813-02
パッドを交換する前にブレーキフルードのタンクを見ておきましょう。
もし、途中で一度注ぎ足しをされている場合は、パッドが減っていてもタンクのフルードはMAXに近い状態にある。
少しスポイトか何かで抜いておいたほうがいいかもしれません。
じゃないとピストンを戻したときにあふれる可能性があります。

c-log813-03
まずはキャリパーのネジをはずします。赤丸のネジ。14mm。

c-log813-04
14mmのネジを回してもからまわりする場合は
内側の17mmのキャリパースライドピンの押さえの6角部分を17mmのスパナで抑えた状態で
ネジを回してみましょう。今度は回るはず。

c-log813-05
ネジをはずしたら、キャリパーを上へ持ち上げます。

c-log813-06
そしたら古いブレーキパッドをマイナスドライバーかなにかでこじってはずします。

c-log813-07
古いパッドからなき止めのシムをはずします。それとフロントの右側の内側のパッドには
インジケーターの金具もついています。これも新しいパッドに移植します。

c-log813-08
こんな感じで、パッドとシムの間にブレーキのグリス。そしてシムがキャリパーに触れる部分にも
専用のブレーキグリスを塗布します。

c-log813-09
準備完了。ではキャリパーにセットします。

c-log813-10
このインジケーターの金具も移植するのを忘れないように。フロントの右側の内側のパッドです。

c-log813-11
セット完了。

ちなみにキャリパーをかぶせる前に、スライドピンのしゅうどうを確認しておきましょう。
c-log813-12
この下のネジを取り付ける部分のキャリパースライドピン。
コレが伸びたり縮んだりすることを確認してください。

もしこれが動かないと、パッドが片減してしまいますので、動かないときは
スライドピンを抜いてグリスを与えてきちんと動くようにしてからくみつけないといけません。

ちなみにこのスライドピンはキャリパーの上の部分もそう。キャリパーが左右にスライドすることを
確認しておいてください。

c-log813-13
そうしたら、ピストンを戻します。でかいウォーターポンププライヤーなどで挟み込んでやると
徐々にピストンが奥に戻っていきます。ピストンが完全にもどった状態でないと
キャリパーがはまりません。

c-log813-14
ピストンが戻った状態。これでキャリパーをまたかぶせます

c-log813-15
キャリパーがかぶさったら、下の14mmの固定ネジをはめます。これでパッド自体の交換作業は終わり。

c-log813-16
左右交換したら、ブレーキペダルを踏んでください。ペダルが奥まで踏みぬけてしまいます。
何度かペダルを踏んでいると、きちんとしたふみしろになります。これで戻したピストンが、今度はパッドの手前まで
でてきたということです。

最後にブレーキフルードの量をMAXまで補充して終わり。

ブレーキパッドを交換したあとは、ローターとの当たりがつくまでききが非常に甘くなります。
最初からフルブレーキングをするのではなく、ゆっくりとききが正常になるまであたりを出してから

通常走行をするように心がけてくださいね。


というわけでRX-8
SE3Pのフロントブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ