MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ホンダのS1000

time 2015/04/30

この度、ホンダのS660が発売になりましたね。

僕の家の近所でも1台早速納車されていて、注目を浴びています。ぱっと見ると、

「おや?コペンかな?いや、S660か!」

と、こんな感じです。コペンもあまり現行型を目撃しないので、ちょっとキャラがだぶってしまうのかもしれません。僕は断然S660の方が欲しいですけど。

そんなS660ですが、今度はS1000が発売になるかもしれないというニュースが出回っていますね。S1000はまたなかなか面白そうですよね。

軽自動車税も今までの7200円から10800円になってしまったわけですし、そう考えると1000ccと660ccの垣根が小さくなってきていますからね。

ただ、問題はその値段。

250万程度ということなんですが、この値段を高いか安いかというと僕は高いなあと感じてしまう。それ以前にS660の値段自体も高いな。

エンジンは1リッターターボの新型を開発して載せるということらしいんですけどね。

今日本車の価格ってかなり高騰してきていますよね。アルファードやベルファイヤの一番高いグレードなんか700万円ですからね。

そこにホンダのジェイドやマツダのCX−3。これらの車を見ると価格が上がってきたよなと実感してしまいます。

ダウンサイジングのターボエンジンを搭載するということなので一概には言えませんけどそれでもちょっと割高感があるな。

そう考えると初代のロードスターっていうのは本当によくできたパッケージだったなと思いますよね。1、6リッターのオープンスポーツカーが200万円を切って出てきたんですからね。

車の価格が上がってしまえばそれだけエントリーモデルではなくなってしまいます。もうちょっと若い人が手が出そうな価格帯で面白い車が出てこないかなとつくづく感じてしまいますね。

軽スポーツが復権だという話題ですけど、やっぱり高いな〜。当時の軽スポーツが出ていたころより30〜40万円くらい高くなっている気がする。

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ