錆びたネジが外れない

この前、なかなか困った出来事に遭遇しました。車検でブレーキローターを交換することになりましたが、そのネジが外れない・・・。

ブレーキローターをハブに固定している皿ネジです。プラスドライバーで緩めるネジなんですが、これがどうしても一本はずれない・・。最初に試したのはショックドライバーでした。このブレーキローターを固定しているビスは大体2本で止まっています。1本はなんとか外れました。しかしもう1本がどうしても外れない。

shockdriver

潤滑剤を流し込んで、ショックドライバーでアタックして行くうちに、どんどんとビスのネジ山が広がっていきました。ネジ山を舐めるというものではなくて、ネジ山が大きくなって行っちゃった訳です。ショックドライバーで叩き込んでいくのが原因ですけど。

しょうがないからショックドライバーのビットを大きいものに交換して再びアタック、しかし緩まない。角度にして15度程度だけ左右に回るようになりました。ここに潤滑剤を流し込んで、締めてはゆるめを繰り返していけば大体とれるんですが、ネジ山がどんどん広がっていってうまくグリップしない。

sabitaneji1

この時点でやりたくなかったけど、酸素でピンポイントにあぶってみることにしました。ですが、やっぱりハブのベアリングやオイルシールにダメージが行く可能性があるのでやめました。結局、グラインダーでネジの表面を削り取ってブレーキローターを外したんですよ。

スポンサードリンク

ハブの方には折れた部分が残っていたので、潤滑剤を浸透させてバイスプライヤーで締めてはゆるめを繰り返してようやく抜きました。たかがネジ1本に実に1時間近くの時間を割くことに。

雪国の車の整備はこんなことがよくあります。本当にネジ1本で困ってしまうことがたくさんあるんですよ。結局このネジが外せなかったらどうしたかなとふと考えてみました。

最終手段はハブを外すかな・・。でも裏側をみたらハブはケースと一体型っぽいので、ハブ単体で取り外すことは難しそうだった。そうなるとどうする。うーむと悩んでしまいます。

酸素でもっとあぶれればいいんですが、ハブベアリングのことを考えると躊躇してしまいます。交換を前提にするならいいですが、ベアリングはそのままでいくとなるとやはり今回の作戦以外にはいい方法はなかったかなと。

でもこういう経験を積んで行くと、次回に生きていくのです。錆びたネジは厄介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)