サンバー TT2 エアコンフィルター取り付け

サンバーです。
TT2というファイナル型のスバルサンバーです。
エアコンフィルターを取り付けたのでレポートします

c-log1140-01
サンバー エアコンフィルター取り付け

c-log1140-02
まずはグローブボックスを外すのです

c-log1140-03
サンバーのグローブボックスは下にクリップがあります

c-log1140-04
このクリップを引っ張り出す

c-log1140-05
すると簡単に外れます。

純正部品としてエアコンフィルターが設定されていますが、トラックにはついていません。
なので取り付けるように加工が必要になります

c-log1140-06
続いて外気が導入されて来るダクトを外す。ビスは4本

c-log1140-07
内気、外気のワイヤーを取り外す

c-log1140-08
するとダクトが外れてきます。ここにエアコンフィルターを取り付ける

c-log1140-09
ちなみに外した状態の室内

c-log1140-10
さくさくと作業をすすめましょう。続いてこのダクトを加工します

c-log1140-11
この部分にエアコンフィルターが入ります。ここをカッターで切り取ります

作業は簡単

c-log1140-12
普通のカッターで切れます

c-log1140-13
切り取ったらバリをとって綺麗に掃除

c-log1140-14
続いてエアコンフィルター取り付けキットに同梱されているステーをつける。

c-log1140-15
エアコンフィルターを挿入する

c-log1140-17
あとは蓋をする。蓋をしたら、ステーの部分を利用して金具で蓋を固定する。

これで取り付けは終わり。ダクトを車両に戻す

c-log1140-18
全然DIYで簡単に出来るレベルです


サンバーのエアコンフィルターをつけたい人はご参考までに


終了


これが品番です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. @朝霞市 より:

    こんばんは。
    このフィルター取り付けの作業は、Fタイプまでは、
    ダクトもグローブボックスも外さずに作業ができました。
    写真を見る限りでは、この最終モデルも大丈夫かと思います。
    フィルターのフタの手前にあるカプラーが邪魔なので、
    ここだけは作業時に切り離しましたが、
    ダクトの切り取り加工も車載の状態でカッターで簡単に切れました。
    フィルターの交換も同様に簡単にできます。
    が、交換用のフィルターが純正で設定されていないのが唯一の悩みですね。
    (社外のフィルターはありました)

    • MHO より:

      ホンダのアクティなどは取り付けできないので、後付けできるだけでもいいですよね。
      エアコンフィルターをつけておくとおかないとじゃ、のちのちエバポレーターへの影響が雲泥の差になってきます。