MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

クラッチが切れない原因で衝撃的だったレリーズベアリングがバラバラ事件

time 2016/09/03

クラッチが切れない原因で衝撃的だったレリーズベアリングがバラバラ事件

サンバーです。クラッチが切れなくなったということで入庫してきました。
症状を確認すると、確かにクラッチはつなげられない。

なんだか踏力が軽いような気がして、ワイヤーが切れかかっているのかと思ったけれど
ワイヤーは正常だった。

ニュートラルのままエンジンをかけていると異音が認められたので
お客さんの了解を得て、ミッションを降ろすことに

c-log1108-01
サンバー。クラッチが切れない。

c-log1108-02
バンパーを外してマフラーを降ろして

c-log1108-03
果たしてなんでクラッチが切れなくなってしまっているのか

c-log1108-04
ミッションを開けたらビックリ仰天。なんじゃこのレリーズベアリングは?

c-log1108-05
クラッチのほうはあまり損傷がないけれど

これは衝撃画像だ

c-log1108-06
レリーズベアリングがバラバラになっている。こんなの整備士をして初めて見た。

c-log1108-07
ミッションのほうにも若干の引っかき傷みたいなものがついてしまっている

c-log1108-08
外したクラッチ

c-log1108-09
新品に交換。

レリーズベアリングも新品にして、レリーズレバーで問題なく動くことを確認して組み付けました。

おそらく半クラッチを変な状態でずっとつかっていたのだろう。

このまま無理に使っていればもっと大問題になっていたでしょうね。

サンバーのレリーズベアリングバラバラ事件でした。

sponsored link

コメント

  • 自分の車も、年式は違えども同じサンバー!
    レリーズベアリングって、こんな状態になる事もあるんですねぇ…。
    まっ、このサンバーの場合は、部品の不良でなければ、相当荒いクラッチのミートを繰り返す運転をしてたんでしょうねぇ!!
    クラッチの切れない車は、今まで乗った事はないですけど、今後も体験したくはないですねぇ…。

    by サンバーTT2 €2016年9月3日 12:35

    • ここまで極端なレリーズベアリングは初めて見ました

      by MHO €2016年9月11日 17:58

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ