MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー バッテリーが上がる故障は意外な原因

time 2015/11/26

サンバー バッテリーが上がる故障は意外な原因

会社の最終営業日によりによって
強力な車が入ってきた。

※これは年末に起こった出来事です

c-log852-01
スバル サンバートラック
マニュアルでスーパーチャージャーとABSが付いている上級モデル。

症状は、エンストをしてしまうということです。
さらに症状を聞くと、バッテリーが上がってしまったということです。
工場までは、大きなバッテリーにブースターケーブルでつないだ状態で乗ってきた模様。

メーターパネルの明かりも心なしか暗い状態である。そして、やはり充電警告灯が付いている。
オルタネーターが壊れてしまったのだろうか?いずれにしろ、年内復旧は厳しい状態である。

c-log852-02
バッテリーへの充電電圧を調べてみる。通常であれば、14Vまであがっているはず

c-log852-03
なんと6Vだ。これはかなりの確立でオルタネータートラブルだ。
とりあえず、エンジンフードを開けてみた。

そうしたら原因が判明した。

c-log852-04
オルタネーターベルトが外れている。
この場合は外れているとは言わないのかもしれない。ベルトが外れている原因はサンバーで考えられるのはクランクプーリーの脱落が考えられる。

いわゆるねじれ防止のトーショナルダンパー破損だ。

c-log852-05
ご覧の通り、スーパーチャージャー側のプーリー溝は残っているが、オルタネーターとエアコンベルトをかけるはずの溝がなくなっている。トーショナルダンパが破損して飛んで行ってしまったのだろう。

ということで、オルタネーターは無事の可能性が大。
原因はオルタネーターベルトが外れているため充電しなかったということになる。

修理するには

クランクシャフトプーリーとベルト2本を交換しないといけない。

もう間に合いっこないと思いつつも、部品屋さんに聞いてみた

c-log852-06
なんと部品屋さんが、手持ちで持っていたのだ。これで12月31日だろうがなんだろうが修理が可能となった。

c-log852-07
ショックアブソーバーを外して、カバーを外すと見えるクランクプーリー。
補機ベルトを先に取り外し、クランクプーリーを外す。

c-log852-08
クランクプーリー

c-log852-09
見事なまでにぶっちぎれているクランクプーリー

c-log852-10
サンバーのTT2は、クランクプーリーの脱落とタイミングベルト切れが良く起こる。
当該車両についても、ベルトに亀裂が入っていたらオーナーに話して交換をしようと思っていたが、ベルトの状態は悪くなかったのでこのままとした。

ちなみに走行5万キロです。

c-log852-11
組み付け完了

バッテリーを充電して、取り付けたら無事に発電し始めたオルタネーター。
エンジンオイルとオイルフィルターに関しても、1万キロくらい交換されていないので真っ黒だった。
連絡して一緒に交換をしました。

サンバーのクランクプーリーの取替え工賃は指数で1時間(スーパーチャージャー車両)
大体6000円前後が工賃となります。

クランクプーリーは5500円くらいでベルトも2本で5000円程。

修理自体は2万円はかからないものでした。とりあえず、年内に修理が出来たのは全て
部品屋さんのおかげでした。というわけで、今年の修理も終了です。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ