MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー ドアを閉めているのに半ドア警告音がなる

time 2015/11/01

サンバー ドアを閉めているのに半ドア警告音がなる

スバル サンバー
型式 LE-TT2
19年式

車検整備で預かりましたが、
ドアを閉めているにも関わらず、半ドア警告音がピーピー鳴っていた。

c-log824-01
サンバーTT2

通常、ドアというもは開閉時に機械的にスイッチを押して
半ドアかどうかを検知しています。このTT2もドアを開けたところに
カーテシスイッチ 通称ドアスイッチがついている。
それをドアで押したり離したりするだけのこと。

c-log824-02

c-log824-03
このとおり、カーテシスイッチ(ドアスイッチ)は破損していました。
これではドアを開けたときのルームランプも点きっ放しになってしまうし
不具合があるというとことでドアスイッチを交換することにした。

普通車の方が交換は簡単だった。
このサンバーTT2のドアスイッチの交換はシートベルトを外す必要が出てきます。

まずは運転席のシートを倒して

c-log824-04
シートベルトが出ている部分のカバーを外します。爪ではまっているだけなので
手で簡単に引っぺがせる。

c-log824-05
赤い丸の部分がカーテシスイッチ(ドアスイッチ)の配線部になります。
配線をたどっていくと、シートのちょうど真ん中のあたりで、ボディにガムテープ止めされています。
配線を引っ張るとカプラーが出てきます。

スイッチは外から中へ配線を入れてつめでロックする取り付けです。

交換するときは、シートベルトを外して中のドアスイッチのつめを解除して車体の外へ
配線とカプラーを引っこ抜くという手順になります。

なので黄色い丸の14mmのネジを外してシートベルトを外さないといけない。
ここのネジはネジロックが塗布されています。組みつけの際にはネジロックを再塗布して規定トルクで締める必要があります。

c-log824-06
白いのが配線のカプラー

c-log824-07
シートベルトを外した状態。

シートベルトは外すと自動的に巻かれてしまう。
そして伸ばそうとすると、角度によってはロックがかかってなかなか伸ばせなくなります。
なので、14mmのネジを外す前に、出来るだけシートベルトを伸ばしておいて、
ロール部の出口を洗濯ばさみなどでとめて、巻き込みさせないようにしておくと
後で取り付けるのが楽になります。

c-log824-08
下からカメラで取ってみた。つめで引っかかっている。

c-log824-09
壊れているカーテシスイッチ(ドアスイッチ)

c-log824-10
部品。税込みで819円也。そんなに高くないね。

c-log824-11
新品。保護カバーのゴムも付いています。

これを外から中へ引き込みます。

c-log824-12
まずはカプラーから入れて
c-log824-13
するすると

c-log824-14
入れていきます。そしてロックがかかります。

c-log824-15
あとは配線をもどして、シートベルトを元に戻して終了となります。

c-log824-16
修理完了。

一応動作を確認しておいてくださいね。ルームランプをドアモードにしてきちんとスイッチを
手で押したら消えるかどうか?ドアを閉めたら半ドア警告音が消えるかどうか(キーをつけたままの状態で)
もしかしたらドアをぶつけていて、スイッチ部を強く押しているなどの可能性もあるので
確認をしてください

てなわけで、サンバーTT2のカーテシスイッチ、通称ドアスイッチの交換でした。

大体、スイッチのゴムをめくると10mmのネジがついていて、それを取って
引っこ抜けば普通車はもっと簡単に交換できるものが多いです。ご参考までに。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ