サンバー エンジン吹けない イグニッションコイル不良

スバル サンバーです
坂道でエンジンが吹けないときがあるということで入庫


サンバー


試乗をすると、明らかに失火というかリークしているような感じでした。


イグニッションコイルを点検したら、2番のコードがコイルからまったく抜けない。
固着しまくっています


イグニッションコイルはステーにプラスネジ2本で固定されています。

固着している2番のプラグコードと一緒に外してみました


めくってみると、このように緑青が噴いてコイルがわれています。ここから火花がリークしていた模様。

サンバーはこのイグニッションコイルの故障が結構多いんです。

コイルのプラグコードがささっている部分をたまに外して点検してみてください。
こうなっていたらコイルを交換するしかない


プラグコードは1本ずつ部品で設定があります。

1300円程度


コイルは解体から外した中古を利用。


快調になりました

サンバーのイグニッションコイル不良でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする