MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

キーがONでも抜けてしまう?意外なバッテリー上がりについて

time 2016/11/10

キーがONでも抜けてしまう?意外なバッテリー上がりについて

サンバーです。
エンジンがかからないという怪奇現象が沢山起こって
いろいろな修理を受けたらしい。
が、結局直っていないということで何故か僕が担当することになりました

c-log1169-01
サンバー エンジンがかからない。

KS4というキャブ車で結構な旧型になってきているモデルです。
僕が現場に駆けつけたときは、バッテリーがまったくの空だった。

ブースターをつないだらエンジンは問題なく始動して、とりあえず工場に持ち帰りました

今までの整備記録をオーナーに聞くと

つい1週間前にセルモーターをOHしたそうです。
その1ヶ月前にはバッテリーを新品に交換しているということ。

今回エンジンがかからなかったのは、バッテリーが空になっていたから。
ブースターをつないだらセルモーターは普通に回った。OH自体が問題ではなさそうだった。

じゃあバッテリーが何故あがったのか?
どうもバッテリーを新品にするまえにも、バッテリーがすっからかんになるという自体が発生していたそうです。

詳しく調べていくと

充電電圧は問題なし。エンジンをかけた状態で電圧を測ると13,85Vまで上がっている。
14Vまで上がってこないけれど、とりあえず発電していないわけではないし、同型のサンバーも似たような数字。
充電警告灯なども点灯はしていない。ちなみに走行距離は10万キロ。

僕が現場に駆けつけたときは、ライトスイッチなどがONになっていたような形跡はなかった。

そもそもスピーカー内蔵のAMラジオだけのシンプルな車。暗電流も問題ないだろうけれど一応測定。

1,75mAという数字でした。ちょうど同型のKS4サンバーがあったので同じ条件で暗電流を測定すると
1,85mA。

現行のTT2というサンバーは2,5mA

暗電流も差し支えない範囲。じゃあ何でバッテリーが上がってしまうのか?

何気に車をいじっていると、意外な原因がわかりました

c-log1169-02
室内を点検中

c-log1169-03
OFFの状態です

c-log1169-04
OFFですね

c-log1169-05
ACC電源ONの状態

c-log1169-06
!!!

さらに

c-log1169-07
IG ONの状態

c-log1169-08
!!!!!!

そうなんです。なんとこのサンバー恐ろしいことに、どこの場所でも鍵が抜けてしまう。
なんということかエンジンがかかった状態でも鍵を抜くことが出来てしまう。

これは鍵が減ってきているということが原因であると考えられます。

つまり、こういうことなんでしょう。
充電電圧、暗電流など全てが正常。他にも配線などを確認したけれど異常がない。

鍵を抜いて保管している車でヒューマンエラーは考えられない・・・と、思っていたけれど

原因はキーをACCまたはONの状態で鍵がぬけてしまうということ。

おそらくオーナーは鍵を抜いているから間違いないと思っているのかもしれないけれど
きちんとOFFまで回しきれてなく、ACC電源が入りっぱなしだったということ。

そしてブロアモーターのスイッチはONになっていた。

これがサンバーのバッテリー上がりの原因でした。
まさかこんなことが起こるとは意外なバッテリー上がりの原因でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ