サンバー エンジンチェックランプ点灯 O2センサー交換

サンバーです。
O2センサーが壊れて交換したのでレポートします


このサンバーは21年式かな?ファイナルモデルの一個前のやつです。

O2センサーの位置も変更されています


まずはリヤバンパーを開けて、プラグコードの横にあるO2センサーのカプラーを外します。
ステーに固定されているのがセンサー側なので、ステーからも外す


O2センサーがついている部分はここ。右のリヤタイヤ側からマフラーを裏側より見ていると
センサーがなんとなく見えます


センサーにたどり着くには、クラッチのレリーズレバーの部分の遮熱板を外す。10mm3本


これでセンサーが見えます


センサーは22mm。配線を切ってメガネを通して外します。特殊工具がない場合ね


この車は相当サビがひどくて、酸素であぶらないと回りませんでした。

大体は回るんですけどね


純正の新品


新品を装着します


特殊工具がないのでモンキーで取り付け


完了

あとは元に戻すだけです。


サンバーのO2センサー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする