サンバー スピードメーターギヤケースからのオイル漏れ修理

スバル サンバーですが、スピードメーターのドリブンギヤのケース付近からオイル漏れ激しかったので修理することにしました

c-log1272-01
見ての通りオイルでギトギト。これはTT2の初期タイプでワイヤーを介してスピードメーターまで直接つながっています。
TT2の最終型に近いモデルから、スピードメーターワイヤーは廃止されて、ここにセンサーが入っています。

c-log1272-02
このケースは10mmの3本で止まっています

ネジをはずしたらちょっとドライバーなどでこじって外す

c-log1272-03
ミッション側。特にパッキンがあるわけではなく、液体ガスケットです。

古い液体ガスケットを綺麗に剥がして、脱脂してから液体ガスケットを塗布して組み付けるだけ

c-log1272-04
こちらがケース側。たまにスピードメーターが動かないサンバーありますが、この赤いギヤが削れてしまっていることがあります。このギヤを換えると、メーターがまた動くようになります。

c-log1272-05
綺麗にしたら

c-log1272-06
液体ガスケットを塗る。誰か先っぽを切り過ぎてしまったな?太くですぎですからー

合体


あとはネジを締め付けるだけ。

はみ出た液体ガスケットはふき取りましょう。できればスチームで綺麗に洗浄したほうがいいですね。


あとミッションオイルの量はきちんと点検してください

サンバーのスピードメーターギヤケースからのオイル漏れ修理でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)