MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

サンバー ヒーターが効かないからサーモスタットを交換

time 2016/09/10

サンバー ヒーターが効かないからサーモスタットを交換

サンバーです。サーモスタットを交換したのでレポートします

c-log1116-01
サンバー。サーモスタット交換。

作業は簡単なんですが、やりにくい場所にサーモスタットがあります。
そして気をつけないといけないのはクーラントのエア抜き。

c-log1116-02
サンバーのサーモスタットは、オイルパンの上のドライブシャフトの上のあたりにあります

c-log1116-03
ここのホースの付け根。サーモスタットを外すとクーラントがもれてくるので、できればラジエター側とエンジンのウォーターポンプのクーラント排出の
ボルトを外して、両方から抜いておいたほうが綺麗に交換ができます。

c-log1116-04
取り付けのネジは両方12mm。2本だけ。
図は上のネジをはずしています

c-log1116-05
下のネジを外しています

c-log1116-06
ウォーターポンプから水が抜けた状態でも、ネジを緩めたらクーラントが出てきます

 

作業自体はシンプル

c-log1116-07
こんにちは。いやーな場所にあるでしょう

c-log1116-08
サーモスタットを外します

c-log1116-09
新品をセット。あとはハウジングを被せて12mmのネジを締めれば交換は終わり

c-log1116-10
ネジをしめる

あとはクーラントのエア抜きを行ないます。

エンジンのエアクリーナーBOXの近くにあるエア抜きホース

ラジエターの上部にあるエア抜きホース

ヒーターコアにあるエア抜き穴

それぞれ全てを外してゆっくりとクーラントを入れる。

 

クーラントがおそらくエンジン側から一番最初に抜け出て来るので、
エアがなくなるまでクーラントを受けながら入れる。
エアが抜けたら閉じる。

続いてラジエター側も水が抜けて来るのでそうしたら閉じる。

ヒーターコアも同様。

サンバーのクーラントのエア抜きはゆっくりと注ぐことがポイントです。

ヒーターが効かない場合はエア抜きが失敗しています。

詳しくは助手席の下のプラスチックのサービスカバーに書いてあるので参考にしてください。

サンバーのサーモスタット交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ