スバル サンバー ドアが閉じてしまう ドアストッパー交換 TT2

車検で預かりました、スバルのサンバーTT2ですが、ドアを開いたときに保持しないでドアが閉まってしまうという相談を受けました。

通常、ドアを開いたら開きっぱなしで保持するようになっていますが、しないということ。ということを踏まえて、ドアストッパーを交換することにしました。

sambar-tt2-doorstoper1

ドアストッパーを交換するには、ドアの内張りを剥がす必要があります。

sambar-tt2-doorstoper2

ドアストッパーとは、この黒い金具です。これでドアを開いた状態で保持させています。

sambar-tt2-doorstoper3

内張りを剥がします。

sambar-tt2-doorstoper4

取っ手のビスも外す。2本

sambar-tt2-doorstoper6

ドアのインナーハンドルにつながるロッドを外す

sambar-tt2-doorstoper7

ウインドウレギュレーターのくるくるハンドルはクリップで止まっています。

sambar-tt2-doorstoper8

ちょっと浮かせるとクリップが見えます。これをマイナスドライバーなどで引っ掛けて引っこ抜く。どこかに飛ばさないように注意してください。

sambar-tt2-doorstoper9

これでドアの内張りがはがせます。クリップで止まっています。

sambar-tt2-doorstoper10

ドアストッパーの本体はドアの内側にあります。

sambar-tt2-doorstoper11

ドアストッパー自体は内側から外側へネジ3本ほどで固定されています。

sambar-tt2-doorstoper12

本体を固定しているのは2本

sambar-tt2-doorstoper13

ネジを外したら内側へ取り出す。

sambar-tt2-doorstoper14

内側へ外します。本体がもげているのがわかります。これではストッパーの役割を果たさないわけだ。

sambar-tt2-doorstoper15

ご覧の通りドアストッパーがもげているのがわかります。

スポンサードリンク

あまりドアを勢いよく閉めたり開けたりすると負担がかかるのかもしれないですね。

sambar-tt2-doorstoper16

いずれにしろ交換です。

sambar-tt2-doorstoper17

新しい部品の品番。

sambar-tt2-doorstoper18

新しい物は四角い部分がきちんとくっついている。

sambar-tt2-doorstoper19

取り付けは簡単です。内側から外側へドアストッパーをいれてネジで固定

sambar-tt2-doorstoper20

他の車種だと、ボディとドアを繋いでいる部分がピンで止まっていることがありますが、サンバーの場合はネジで止められているだけですね。

sambar-tt2-doorstoper21

仮止めしてから本締め。

sambar-tt2-doorstoper22

こんなもんでしょうかね

sambar-tt2-doorstoper23

あとはドアの内張りを取り付けて終わりです。きちんと作動確認すること。問題なくドアが開いた状態で保持するようになりました。

サンバーのドアストッパー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    自分のRF3もこの状態になっています。