サンバー ウォッシャータンク交換 TT2

スバル サンバーです
ウォッシャータンクを交換したのでレポートします


サンバー TT2 ウォッシャータンク交換


何故交換するかというと、タンクの部分を何かにぶつけて割れて、しかもモーターも壊れたから


品番はコレ


作業にうつります。サンバーのウォッシャータンクは、助手席の下にあります。
助手席を持ち上げて、工具入れのカバーを外します


ここからウォッシャーを補充するんですが、どうにもこうにも下からしか作業ができなそう。
ちなみにタンクを固定しているビスを1本発見しておきました。


下から作業をするにも、まずはアンダーカバーを外します。10mm4本です。


するとウォッシャータンクが見えました


助手席側から見た図。固定のボルトが1つあります。はずします。10mm。
ちなみに結論を書くと、ウォッシャータンクはこのネジと、先ほど上から見た図で解説したネジの計2本で固定されているだけです


そして下から、最初に上から見たネジを外しにかかります。何とか工具が入ります。
長めのエクステンションがベスト。ハンドルを一杯に切ったら作業スペースが生まれやすいです


問題のボルトです。


なんとか外せました


これでウォッシャーモーターにつながるカプラーとホースを外します。

一応この状態でウォッシャータンクはフリーの状態になっていますが、相簡単には抜けません


タンクを下へ引き抜こうにも、エアコンの配管が下を通っていて抜けません。
ちなみにエアコン無しならこれですんなり取れるんだと思います。

しょうがないから、エアコンの配管を固定しているステーのネジを外す


これがその12mmのナット。

これである程度エアコンの配管が動くので、スペースを作った状態でタンクを抜いてきます


やっと抜けました


ここに今度は新品をいれます

もう少し


新品


ある程度の位置までもっていったら、ウォッシャーの配管とカプラーをつなげておく


タンクにホースが固定される場所があります


モーターへ


元の場所に収まったら、ネジを取り付ける


これで取り付けは完了


アンダーカバーをつけて、ウォッシャーを補充。

きちんと作動することを確認して終わり

サンバーのウォッシャータンク交換でした。ちょっと面倒くさいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)