査定がゼロになってしまう車

この間営業マンに話を聞いてちょっとビックリしてしまった。なんでも、9年落ち位のVWのポロを他の車に買い換えようと査定をしたらゼロだったということだ。

距離だってまだ5,6万キロ位で、提携店の全ての営業マンに声をかけたところ、

「さばけそうな車ならある程度下取りをだしてもいいけどね~・・」

と。しかも車検付の車ですよ。仕方が無いので、車検を切ってスクラップに。自賠責と重量税の
還付分だけをお客様に返還したという。

sb-log838-01

9年落ちで5万キロですよ。これでもう査定がゼロになっちゃう。他のよく出る車じゃないから
買い取ることも出来ない。これって車としてどうなのか?車種はポロということを置いといて考えるとまだまだ使える。

でもやっぱり確実に捌けると思える車でないと査定ゼロの車にお金を払えないのもよく分かる。それにしてもなぁ。

こういう車を買うのがすごく得なんだと思います。国産車でこういう車に出くわしたら、とりあえず足につかえれば良いという人であれば即リーチだろう。まだまだ使えるし、壊れたら
廃車にすれば良い。

今の車なんか頑丈にできている。ある種の消耗品を交換すれば軽く10万キロオーバーまで走れる。
もったいないと思ってしまうが、そういう車ってかわいそうだよなと思ってしまう。
やっぱり車は長く乗ってもらいたいなあ。車屋さんがいうのもなんだけど。
新車であれば長く乗ってもらいたい。愛着って沸きませんかね?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    長く乗る程に、愛着は絶対に沸くと思いますねぇ!
    今の相棒のサンバー、きちんとメンテナンスして、行ける所まで乗り続けますよ!
    とても気に入ってますし、もう欲しくても買えないですからね!!

  2. むきんぽ より:

    サンバーさんに同感。

    私の専用車、H14年式14万㎞マークⅡブリットと、H10年式20万㎞スターレットは、同型車を街で見かける事がこのところめっきり少なくなり(前者に至っては新車当時から不人気で見かけず)、一層手放せません。
    何しろうちの2台はともに健康優良児なので、手放す理由がない。

    欲しい車はあるけれども、愛情の分配がこれ以上不可能なので、宝くじが当たっても増車もしない。

    妻を丸め込み、どこまで所有し続けられるかが、目下の課題です。

    • MHO より:

      走行距離のオドメーターが勲章になってきますよね。どこまでも走ってやるという感じで

  3. snowman より:

    やはり愛着はわきます!自分の所有車は軽の箱バンではありますが、できるだけ長く乗り続けたいですね。仮にエンジンがダメになってもリビルトエンジンがありますし、部品が手に入るのであれば、追突されて大破したりしない限り乗り続けると思います。エコカーに乗り換えるよりも今の車に乗り続けることがエコだと思うし、経済的でもあるかなと思います。