MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

整備時間の短縮をはかれ!無駄な動きをなくして素早い整備をしよう

time 2016/05/18

整備時間の短縮をはかれ!無駄な動きをなくして素早い整備をしよう

プロの整備士は、作業が速いほど腕がいいとされる。それには当然ながら確実性が前提となるけれど。
整備作業の効率をアップさせるにはどうすればいいか?もうこれは無駄な動きをなくすという以外の何者でもないと思います。実際に整備をしていると、妙に無駄な動きが多い人間が居る。

うちの工場で作業が一番速いのは言うまでもなく工場長であって、ぼくはそのやり方を見習っている。
工場の工具箱はそれぞれみんな1台ずつ持っていて、それにはキャスターがついている。
下手な整備士を見ていると、キャスターがついているのに工具箱が全く移動していない。
逆に作業が速い整備士は常に工具箱が手の届く範囲に置かれている。

ミッションを降ろすときも車の下にまで工具箱を運んでくる。

2016-03-176

いちいち工具箱まで道具を選んでいったら、無駄な動きが増えすぎる。インパクトのコマ一つ取りに行くなんて無駄無駄無駄無駄(笑)

整備士になる前はボクはDIYで車をいじっていた人間だ。それまでは全部リジッドラックで車を持ち上げて、車をいじっていた。整備士になってからもDIYでデフを載せ換えたり、タイミングベルトを交換したりしていた。
このリジッドラックで車の下にもぐって行う整備作業っていうのは案外作業効率を上げるヒントをくれる。
車の下にもぐってからいちいち違う工具を取りに行くのって面倒だ。なので、ある程度どの工具が必要かをチョイスして持っていく。その前には作業の工程を頭で考えておくのもポイントだ。

リフトはいろいろな高さに車を持ち上げることが出来る。リフトの恩恵にあずかるんじゃなくて、リフトを使っているのなら、リジッドラックで車の下にもぐって行う整備より作業時間を相当短縮できなければ何の意味もないと思う。

デフをエアツールとリフト無しで載せ換えたら確か2時間くらいかかった。だけどリフトに上げてエアツールを使えば30分もかからなかった。それだけの差が出てくる。
たまには不慣れな環境で整備するのもいいかもしれない。きっとそこにヒントは見つかるでしょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ