MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

整備士の怪我

time 2014/12/31

整備士の怪我

整備士をやってるといろいろな怪我をします

まずは頭。リフトのアーム部分に頭をぶつけてしまったり、
車の突起物に頭をぶつけたり。
ウッソー?
と思うでしょうが本当。普段帽子をかぶって作業しますが、帽子が死角を作ったりして
よく頭をぶつけてしまいます
これが恐らく整備士でナンバーワンの怪我でしょう

acr55-estima-wp2

僕が経験した怪我として、足の甲の骨にひび。ブレーキローターが足に落ちてきた。
ボンゴのフロントデフのサイドシールを換えるために、キャリパー外してアッパーアームと
ナックルを外した状態で、ドライブシャフトを抜こうとしてたらローターが急に外れて落下。
安全靴の鉄板がちょうど入ってないところに直撃。足をぐるぐる巻きして治るまで痛みに耐えながら仕事しました
あと整備士で多いのが腰痛。僕も腰痛もちですが、なんせ重い物を持つ機会が多い。
大型トラックのタイヤやドラム。重いなんてもんじゃない。

スポンサードリンク

シリンダーヘッド脱着作業もキツい。軽自動車くらいなら一人で持ち上げるんですが、
大抵インマニとエキマニをくっつけた状態で上げるため重いんですよ。本当に。
整備士をやってると手に細かい傷なんて当たり前。狭いエンジンルームのネジを回すため、
手を押し込んで仕事するためアカギレだらけ。
手の汚れなんかそう簡単に落ちません。
まあ入院にあたる怪我を経験してないことが何よりですが整備士は常に危険と隣り合わせの職業なのであります

sponsored link

コメント

  • 自分の勤めている会社でも事故ありましたよ。
    キャリアカーの3番フロア(上段の一番後ろ)の溶接作業中、「フロアを上げて」との溶接者の指示に乗務員が間違ってフロアを下げてしまい、溶接者の頭部を挟んでしまいました。
    運悪く安全装置が誤動作してフロアが動かなくなってしまい、フロアの一部を切断して救出したことがあります。

    by 愛知の事務員 €2014年12月31日 20:19

    • 恐ろしいですね。
      僕も労災を目の前で3回目撃した事があります。
      やはり安全は第一ですね。

      by MHO €2015年1月1日 16:05

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ