MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

3G83エンジンの製品不良によるクレーム

time 2015/12/07

3G83エンジンの製品不良によるクレーム

前回の車検で、オイル漏れを修理した車がありました。
2年たって再び車検で預かると、またもオイル漏れをした形跡がありました。
オイル漏れをしている箇所は、オイルポンプであると断定しました。
前回の車検では、クランク・カム・オイルポンプ・オイルポンプのパッキンまで交換してあります。
一応、全てが気になるのでタイミングベルトを外して点検してみると、もれていたのは
オイルポンプだけであった。オイルポンプのオイルシールは交換してある。
オイルポンプのオイルシールはオイルポンプのボディをエンジンから取り外して正確に
打ち込むことが可能な場所である。実際に外してみたオイルシールを点検しても悪くない。
ということで、やはり製品不良だという結論に達しました。

sb-log575-01

製品不良なのは、バランサーシャフトのギヤとオイルポンプのギヤ。そしてオイルポンプのスプロケットとオイルポンプのボディである。

もしかしたらバランサーの偏った力がオイルポンプのギヤ自体をまわして、一部にだけスプロケットなどに力がかかるのかもしれない。
再発するのをおそれてオイルポンプをASSYで交換することになりました。
これはディーラーに話して部品を供給してもらいました。なので、発生するのは工賃のみ。
お客さんに工賃を請求するわけには行かないから、工賃は我が社でみることに。
つまりタダである。
それにしても腑に落ちないところがたくさんある。もはやこのオイルポンプ漏れはバランサーによる影響が大きいのではないのかと思った。これで2年後にまた漏れていたら、次はどうしてくれようか・・・。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ