MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

セレナ ATミッション脱着 リヤクランクオイルシール交換

time 2016/07/18

セレナ ATミッション脱着 リヤクランクオイルシール交換

日産セレナです。
オイル漏れで、ヘッドカバーパッキンと、ディスビのOリングをまずは交換してみました。
が、まだ完全に止まらない模様。なので意を決してミッションをおろしてリヤクランクのオイルシールを交換することに

c-log1067-01
日産セレナ。ガソリンエンジン搭載モデルです。
ミッションは縦置きなので作業はそんなに大変じゃない

c-log1067-02
バッテリーのマイナスをまずは外す

c-log1067-03
ミッション

c-log1067-04
プロペラシャフトを外す

c-log1067-05
前のプロペラシャフトは、センターベアリングを外さないと抜くだけのクリアランスができない

c-log1067-06
ATクーラーへのホースを外す。パイプはミッションにつけたまま抜いて来る

c-log1067-07
ミッションのサービスホールを外して、クランクのネジを回しながらリングギヤとトルクコンバーターを
つないでいる14mmのネジを4本外す

c-log1067-08
シフトワイヤーをはずす。1本だけ

c-log1067-09
ある程度ベルハウジングのボルトを外していく。ミッションジャッキをかけるため

c-log1067-10
ミッションジャッキをつけた状態で、ミッションマウントを外す

c-log1067-11
ミッションマウントは17mm。1つだけ

c-log1067-12
ベルハウジングのボルトを全て外す。中には2本セルモーターの取り付けネジも含まれて居ます
あとバキュームホースが2本前と後ろでつながっているのでそれも外す

c-log1067-13
配線のカプラーを抜く。5,6個くらい

c-log1067-14
ミッションとエンジンの隙間をこじって慎重に切り離す

c-log1067-15
外れたミッション

c-log1067-16
トルコンはミッション側に残した状態で降ろす。じゃないとオイルが出てしまう

もう少し

c-log1067-17
リングギヤを外す。14mmのボルトの12角を使っている

c-log1067-18
ようやく現れたクランクのリヤオイルシール

c-log1067-19
確かにもれている。でも思ったほどじゃない

c-log1067-20
古いオイルシールを外す

c-log1067-21
新しいオイルシールはカップレンチなどをつかって打ち込む

c-log1067-22
リングギヤを取り付ける

c-log1067-23
ミッションとエンジンをドッキング。あとは元に戻していく

c-log1067-24
忘れ物のないように

c-log1067-25
組み付け後、エンジンオイルを交換して1時間くらいかけておいたけど漏れはなし。

ということで、セレナのリヤクランクオイルシールの交換でした。
3~4時間くらい。パワーが必要です。

オイルシールを交換する前に添加剤を入れてみるのも一つの手だと思います。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ