MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

Caterham Seven 160という車

time 2015/02/09

スーパーセブンという車を知っている人は多いとおもいます。スーパーセブンって、昔のクラシックカーのようないでたちをしたライトウエイトスポーツカーです。

このスーパーセブンっていう車には、昔から憧れをいだいていたんです。

そんなおり、確か10年くらい前だったと思いますが、軽自動車規格のスーパーセブンが存在するという情報を整備士の先輩から聞いて、実車を見に行ったことがあったんです。

その車はフレイザーのFC−4という車でした。

このフレイザーのFC−4という車は、ニュージランド製だったということで、パワーユニットはスズキのカプチーノ。カプチーノのエンジンとミッションを日本から送って、それを使用して日本の軽自動車規格の枠に作り変えていた車です。

このFC−4を昔兄と一緒に近所の車屋さんに実車があったので見に行ったんです。兄はその車屋さんと実際に同乗走行までさせてもらって感激していました。

そこに来てCaterham Seven 160の登場です。

僕は手持ちの写真を持っていないので、公式HPへのリンクを貼っておきます

Caterham Seven 160

フレイザーのFC-4のパワーユニットは中古のカプチーノのエンジンとミッションだったそうですが、今度のセブン160はスズキからジムニー用の新品エンジンと、エブリィ用のミッションとプロペラシャフトとデフを使って製作されているそうです。

従来のスズキK6Aは64馬力ですが、このセブン160は80馬力を発生させるようにセッティングされています。今の技術なら軽自動車の660ccエンジンで64馬力を超えた馬力を搾り出すことなど容易なはずですからね。

タイヤサイズは155/65/R14です。このサイズはちょっとスポーティなワゴンRやムーブなどと同等のサイズですね。気になる価格は4135000円から。この値段が高いかというと高いのは間違いないですけどね。

でも欲しいですね。この車なら維持費はかなり安く楽しめることは間違いないでしょう。エンジンや駆動系はスズキから部品を買うことができます。外装や内装、サスペンションなどはオリジナルなので部品は高額でしょうけどね。

車両重量が実に490kgしかないのでスポーツテイストにセッティングされていても相当燃費はいいでしょうね。

今年はホンダのS660もデビューするし、20年前の軽自動車スポーツカーがたくさん出てきた時代のようになりますね。実車を乗ってみたいですね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ