シエンタ NCP85 エアコンフィルターを交換しようと思ったら・・・

暑くなってきたので、整備工場でも毎日のようにエアコンが効かないという相談を受けるようになってきました。もう毎年同じパターンです。

僕が子供の頃って外気温が30度越すことも稀だった記憶があるんですが、近年平気で35度を越してきます。さすがにエアコンがないと車内はきついです。

エアコンのききが悪いという相談の8割はガスがどこかから漏れてしまってるもの。パイプだったりコンプレッサ・コンデンサ・エバポレーターなどからのガス漏れ。こういう物はその部品を交換する必要がでてきます。

しかし、エアコンが効かないという理由で多いのがエアコンは効いてるけどなんだかブロアモーターの風量が弱いんじゃない?というもの。この原因はエバポレーターに付着してるカビが原因になります。

エアコンのエバポレーターを保護するには何は無くともエアコンフィルターです!ということで奥さんの車のエアコンフィルターを交換することにしました。

今回買ってみたエアコンフィルターはDENSO製です。デンソーといえば、トヨタ系のエアコンから何から何までの電装品を供給してる会社です。しかも結構安い。さらにアマゾンで売れ筋。

我が家の奥さんが乗ってるのはNCP85シエンタです。品番はDCC1004。

うちの会社でもエアコンフィルターは多数取り扱ってるけど、主にはニッパン製を売ってます。エアコンフィルターって安い物だとペラッペラしてるんですよね。

純正みたいにしっかりしてないと、隙間ができてフィルターの意味がない・・。という製品を何度も見てきました。

中身はこんな感じ。

さすがのデンソー製!?・・・・か?これ・・・?

ちょっと期待していたしっかり感はなかったりして(笑)さすが安いだけありますね。ただ外枠はカッチリしてるので、その辺りはN製品よりは評価できる。同じ値段で比べた場合ですけどね。それでは交換に入ります。

シエンタ NCP85 エアコンフィルター交換

エアコンフィルターを一度でも交換したことがある人ならトヨタ車はマッハで終わるでしょう。そのくらい交換がしやすい。

でもシエンタさんのエアコンフィルターを交換した経験はない。

とりあえずグローブボックスを外す系でしょ?と思ったら、シエンタってグローブボックスないんかい?

!しかし怪しげなパネル見つけた。

これを外すのか!

どうやらあたりです。ツメ2箇所を解除して引っ張る。

おなじみのケースが見えてきました。横の余ったパネルも外せるようになってる。

あとはエアコンフィルターケースのツメを2箇所解除して引っ張り出す。

この車ってもう13年以上は経過してるよな・・。確か重量税が上がっていたから・・。走行距離はおよそ3万キロ程度。

一度も外されてないであろうエアコンフィルターの状態は・・・・

ドキドキしながら外してみると・・・

!?!?!?!?!?!?!?

うぉーいフィルター入ってないじゃん!?

な、なんとエアコンフィルターレスってやつですね。たまにあるんですけどね。でもケースがあるだけいいか。

フィルターケースを外すとブロアが見えますね。外気からのゴミが全てこの中に落ちてしまう仕組みですよ。このゴミや埃がエバポレーターに堆積すると、エアコンの風量が出なくなっちゃうんです。

エアコンフィルターがついてる意味ってものすごく重要なのです。

それじゃ取り付けです。エアコンフィルターにはUPという記載が書いてあるのでそれを守ること。

あとはなるべくよじれないようにまっすぐぴーんと装着すること。隙間ができちゃうとあまり意味がないですから。

あとは元に戻して終わりです。

もともとついてなかった車にエアコンフィルターをつけただけなので、体感できる物は全くないですが、これからの予防として結果的によかった。

安い物でも結構なので1年に1回程度交換してくのがおすすめです。

車種別で設定があるので、適合表を確認してお買い求めください。

こんな些細な部品を取り付けるだけでもなんだかワクワクしますね。これだからマイカーいじりはやめられない!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mamorun より:

    これって前オーナーが詰まったけどフィルターが手元に無いとかの理由でフィルターだけを取り外したってことですか?

    • MHO より:

      どうも最初からついてないみたいです。グレードによると付いてない車種があった模様です。