ホースやダクト類の取り扱い時はシリコンスプレーを塗るのがおすすめ

車には様々なホースが使われています。ホースの種類をあげていくと

  • バキュームホース
  • フューエルホース
  • ラジエターホース
  • ヒーターホース
  • ウォーターホース
  • ドレンホース
  • オイルホース
  • ブレーキホース

ブレーキホースやフューエルホース、オイルが通っているホースは通常のホースとは違い、耐油性やら耐圧性を重視して作られています。

これらホースの共通点は、経年劣化で硬化して破裂することがある。ということです。

一番トラブルを起こしやすいのが水回りのホースです。ラジエターホース・ヒーターホースと呼ばれている類です。

エンジンルームの熱などで経年劣化を起こしていき、徐々に固くなっていく。最終的にはゴムの弾力がなくなって、ちょと触っただけでパキパキと折れていくような状態になっていきます。

当然圧力がかかる部分は破裂を起こしていってしまう。

ヒーターホースってそれこそ何本も車には使われているので、1本交換したらそこだけ圧力をきちんと保持できるようになる。そうすると交換されていないホースに負担がさらにかかり連鎖反応のように、周りのホースもダメになってしまいます。

水回りのホースを交換する時はある程度一気に交換しないとダメ。バキュームホースも同じですけどね。エンジンの調子が悪いなぁと思ったら、バキュームホースが割れてエアを吸っていた。

こんなことは多いです。

ゴムホース交換のコツ

ゴムホースの交換のコツは、交換するホースはカッターで切ってしまうということ。

カッターで切れ目を入れて、そこに潤滑剤を流し込む。そしてねじりながら引っ張ると外れやすいです。とにかく長年はまっているホースは相当に固着しています。その固着を外していくのが骨の折れる作業です。

なのでカッターで縦にホースを割く。そこに潤滑剤を流し込むという手法が有効です。

新品のホースにはシリコンオイルを塗布して組みつける。

このKUREのシリコンスプレーは優れもので、いろんな所に使えます。場所によっては潤滑剤を嫌う所もありますが、シリコンスプレーは全般に使うことができる。

バキュームホースを交換する時は、純正のホースではなくてシリコンホースに交換すると熱にも強くなります。

ホースの内径があっていれば全般的に使用できるのである程度の長さ買っておけば、切っていろんな場所につかえるから便利です。

特に古くなってきた車はバキュームホースを一新するだけで、エンジントラブルを防げますのでおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)