ブルーバードシルフィ KG11 ブレーキパッド交換

ブルーバード シルフィ
KG11
ブレーキパッドを交換したのでレポートします

c-log1073-01
KG11 ブルーバード ブレーキパッド交換

c-log1073-02
まずはブレーキオイルのタンクからスポイトでフルードを少し抜いておきます。
キャリパーを戻したときに逆流してオーバーフローするのを防ぐのです。

そしてキャリパーの下のネジを外す

c-log1073-03
キャリパーのネジを外したらキャリパーを上へ持ち上げる

c-log1073-04
キャリパーを持ち上げたら、引きずり防止のピンをはずしてパッドを外す

c-log1073-05
ブレーキパッドを外す

新旧パッド

c-log1073-06
新しいパッドにシムなどを移植する

オススメのパッドグリスです。

c-log1073-07
準備完了です。

c-log1073-08
キャリパーに新しいパッドをセットする

c-log1073-09
引きずり防止のピンを入れる

c-log1073-10
飛び出たピストンをプライヤーなどで挟み込んで戻す

c-log1073-11
ピストンを戻したら、パッドを押さえ込みながらキャリパーを降ろす

c-log1073-12
あとは下のネジを締め付ける。

反対側も交換したら、ブレーキペダルを数回ポンピングします。
踏みしろがでたら、ブレーキオイルをMAXまで補充。

あとはゆっくりと慣らしをしながらあたりをつけていけば終わり

ブルーバードのブレーキパッド交換でした。

以上です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする