MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

新車充填オイル

time 2015/04/24

新車充填オイル

新車に充填されるオイルというのはどのように決まっていくのだろうか?
ちょっと考えてみたわけです。
日産GT-Rに関して言えば、以前も書きましたが、グローバルに売り出す車で、グローバルに同一クオリティのものが手に入る。加えて性能を考慮してモービル1に決定されたと。新車の充填オイルとしては、やはり各メーカー自社ブランドのオイルを充填しているわけですね。では、その粘度はどうか?

partscleaner

新車充填オイルの殆どが、2009年時点で0W-20という低粘度のものを使用。
グレードはSMです。もう8割位はこの0W-20のSMでしょう。
やはり環境を考える時代になってきたんだと思います。うちの工場にも0W-20のオイルが入った200リットルタンクがありますが、オイル交換時にはかなりこの200リットルタンクの出番が増えてきたような感じがしますね。
0W-20という粘度がチョイスされる理由は、もはや燃費向上以外の何者でもないわけです。
特にJC08モードという燃費基準の登場やハイブリッドカーがここに来て盛んになってきたこと。
それらを考慮すると、フリクションを最大限低減させて、燃費を稼がないといけないと。

しかし僕は自分の車が0W-20指定であっても、入れたいとはあまり思わない。
やはり粘度の低いオイルはシリンダーが減るイメージが払拭できないからだ。
大体のエンジンが0W-20を指定としていながらも、10W-30でも大丈夫となっている。
夏場に低粘度オイルを入れるのはちょっと心苦しい。やはり車というのはエンジンが基本なのだから。
一度0W-20のオイルを入れ続けた車と10W-30を入れ続けてくるまで10万キロ時に圧縮の差を測ってみたいものだと思います。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ