速度感応式ドアロック

お客さんから、ローレルがごわんごわん音がするといった整備依頼がありました。

後輩と一緒に早速テスト走行へ

走行中にゴワンゴワンといった音が出る。まちがいない。

ベアリングからの異音でした。

後輩にも

「ベアリングからの異音ですか?」

と、判断が付いたらしくリフトアップしてどこの車輪のベアリングかを最終確認することに。
他のお客さんが来ていたので、そっちに対応している間に
後輩にセッティングをお願いしました。

が、とてもヤバイことをしようとしたので急いで止めました。
彼はリフトアップした状態でギヤをドライブに入れて、
窓を閉め切ったままドアを閉めようとしていたんです。

speed-lock

これは何を意味するか?

そうです。高級車には、速度感応式ドアロックなるものが着いていて、

リフトアップして車輪を回そうものなら

ドアロックが勝手作動して、中に入れなくなってしまうのです。

以前こういったトラブルに見舞われたことがあり、

エンジンを止めてドアロックをあけるのにとても手間取ったことがあったんですよ。

後輩は鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしていましたが、

二次災害は無事に阻止することが出来ましたとさ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする