足廻りの固いスポーツグレードを快適仕様にしてみたい

私事なんですが、自分が今乗っている車はその車の中でスポーツグレードに入ります。

軽自動車なんですが、ターボが付いているのでタイヤもインチが大きかったり。当然のごとく足廻りも固め。

しかし、街中でどれほど飛ばすって言われても、一切飛ばすような事はしません。そもそもがスポーツカーでもないので、峠道などを楽しく走りたいという気持ちが芽生えない車種です。

そうなってくると、今度は逆にいかに快適に乗れるようにするか!?という軟派な考え方に変わってきます。

絶対的な動力性能に対してメーカーが設計した足廻りをあえてグレードダウンして快適仕様にならないかなって。

不満な点はとにかく足廻りが固い。段差を乗り上げたらゴツゴツしまくりです。これをしなやかに動くようにしたい。

ブレーキは通常のグレードよりも大きいものが付いています。なので、ホイールをインチダウンさせて扁平率の高いタイヤを履かせるということはできません。

さすがにブレーキまでインチダウンさせることはよろしくない。考えているのはバネレートを低くしてタイヤの扁平率を上げる事。

昔スバルのサンバートラックのTTが出た頃、そのガチガチな足廻りにTV用のバネを移植するということが若干はやりました。トラックとバンとでは明らかにバネの太さが違ったんですね。

それで足廻りを若干柔らかくするという手法です。

これを真似てみてはどうかなーと。NAモデルの足廻りをゲットして移植したら少しでも快適になるのだろうか?

家族を乗せて走ると苦情の嵐なんです。

「なんて乗り心地の悪い車なんだ」って。

実際に自分でも固い足廻りだなぁって思う事がよくあります。昔乗っていたカプチーノの方がよっぽど柔らかいながらもしなやかだったな。

スポーツカーをきっちり煮詰めるのは好きですが、大衆車をガチガチにするのは最近は疑問です。

燃費もめちゃくちゃ悪いし(リッター7〜8km台)乗り心地も悪い。

こんな車、よく母親は乗っていたな。とても年寄り向けではないセッティングです。

ちょっとDIYしてみようかなって思ってます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)