MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

スプリングが折れた車に乗った感想

time 2016/05/05

スプリングが折れた車に乗った感想

昨日山岳地方のお客さんのセレナが車検だというので後輩と一緒に引き取りに行って来た。そのお客さんは車が好きな方で、マフラーなども社外品の車検適合品に交換がされていた。
オーナーは居なくて、おばあちゃんに鍵をもらっていざ会社まで出発進行!と僕がセレナのハンドルを握ったのだが、走り出してすぐに異変に気がついたのである。

路面からの突き上げが半端ない!めちゃくちゃダイレクトに路面のゴツゴツを車体に伝えてくるのだ。
コレは一体どうしたことか!?ボクは会社まで下山できるのか!?と一抹の不安を抱えて、路肩に車を止めて点検してみた。

sb-log755-01

ニュアンス的に伝えると、タイヤがパンクしているのにそのまま走ってるんじゃないか!?というようなそんな錯覚にすら陥ってしまう。しかし、タイヤは4輪とも空気は入っている。車高がそれぞれ落ちているのでサスペンションのバランスが狂っているのか!?いやいやそれにしては・・・。
と、いろいろな疑問をかかえながらゆっくりと会社に向かっていった。

相変わらず路面のギャップをダイレクトに車体に伝える。きっとサスペンションがない車ってこんな感じだったんだろうなと思っちゃうほどだ。運転していて体が痛い(汗)
なんとか無事に会社にたどり着いて、車検の受け入れ態勢に入った。整備担当は恐らく僕になるので、同僚に受け入れをお願いしたら

「これすげーよ。スプリング折れてるぞ!」

と。これで全ての疑問が解けた。やはりフロントの右側のサスは全く機能していなかったということだろう。
まさかコイルスプリングが折れちゃっているなんて。整備士をしていてこれで2回目の遭遇だ。
しかもコイルスプリングが折れた状態の乗り味というのを体感できたのは、いい経験にもなった。
スプリングがないから、ただの棒で突っぱねているだけの状態になっていたわけだ。おそらくショックアブソーバーも無事では済んでいないだろう。フロントの右だけ車高がさらにさがっていた理由も分った。
タイヤも片べりしてかなり悲惨な状態だ。

もし車検を通すなら、他のタイヤを持参してもらってサスペンションは一式中古のものを使って通すか?
ということになりました。ただいまオーナーには代替を検討してもらっています。12万キロくらい走っています。
サスペンションの機能していない車の乗り味についてでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ