ステップワゴン RF1 リヤブレーキパッド交換

ステップワゴン RF1です。
Rブレーキパッドを交換したのでレポートします

c-log1103-01
ステップワゴンRF1

手始めに、ブレーキのリザーブタンクからブレーキオイルをスポイトで吸い取っておきましょう。
ピストンを戻したときのオーバーフローを防ぐためです。

c-log1103-02
まずはキャリパーの下のネジを外します
12mmです

c-log1103-03
そしたらキャリパーを持ち上げる

c-log1103-04
古いブレーキパッドを取り外す

新旧パッド

c-log1103-05
新しいパッドにシムなどを移植します

c-log1103-06
準備完了

c-log1103-07
新しいパッドをキャリパーへセットします

c-log1103-08
続いてキャリパーのピストンをウォーターポンププライヤーなどを用いて縮めて戻す

c-log1103-09
あとはキャリパーを被せて、ボルトを取り付ければ終わり。

反対側も交換したら、ブレーキオイルをMAXまで補充して、ブレーキペダルをポンピングしてください。
踏みしろが出たら、最初は制動力がでないので、ゆっくりとあたりをつけるようにしましょう

ステップワゴンのRF1のリヤブレーキパッド交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)