ストリーム RN9 ファンベルト交換

ホンダ ストリーム
RN9 20年式

車検で入庫してきましたが、ファンベルトを交換する機会があったのでレポートします

c-log989-01
ストリーム RN9 ファンベルト交換

c-log989-02
エンジンはR20Aです。

c-log989-03
ファンベルトは一本がけです。張りを与えているのはオートテンショナーです。

c-log989-04
下から見た図

c-log989-05
ベルトはこういうレイアウトでかかっています。

c-log989-06
オートテンショナーを緩みの方向へ移動させるためには、赤丸の19mmの突起にメガネをかけて、オートテンショナーを緩みの方向へ移動させます。

こういうロングストレートメガネが便利です
ベルトを手で引っ張るとテンショナーがどのような動きをするのかがわかります。
その方向へ、19mmのメガネをかけて突起を利用してテンショナーを緩みの方向へ移動させるのがポイント

このオートテンショナーはかなり強烈なので気合入れないと厳しいです。

c-log989-07
ベルトを外します。はずすのは簡単。はめるのが大変。

はめるときは、オルタネーター以外は全部はめておきます。
オルタネーターに最後にかけるようにしたほうがやりやすい

c-log989-08
新しいベルトをかけていきます。オルタネーターにはかけない。最後にかける

c-log989-09
ちょっと見づらいですが、オルタネーターに最後かけるような図になっています

c-log989-10
メガネを図の方向へ押しながら、最後にオルタネーターに引っ掛ける

c-log989-11
オルタネーターにちょっと引っかかった図。ココまで来れば簡単です

最後の力を振り絞って、ベルトを溝に合わせていきます

c-log989-12
かかった図

c-log989-13

以上ストリーム RN9 エンジンR20Aのファンベルト交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)