ストリーム リヤブレーキパッド交換 RN9

ストリーム RN9
20年式

Rブレーキパッドを交換したのでレポートします

c-log980-01
ストリーム RN9

Rブレーキパッド交換

このストリームは4輪ディスクブレーキです。

ブレーキパッドを交換する前に、ブレーキオイルをブレーキオイルのタンクよりスポイトで少し抜いておきましょう
ピストンを戻したときのオーバーフロー対策です

c-log980-02
キャリパーの下のネジを外します

通常はこれで上へ持ち上げるのですが、ブレーキホースの取り回しなどでひっかかる

c-log980-03
なので、キャリパーの上のネジも外します。上下共に17mmのスパナで周り止めをしながら
14mmのネジを外す。

上下のネジを外したらキャリパーをブラケットから外す

c-log980-04

つづいて古いブレーキパッドを外します

c-log980-05
マイナスドライバーなどでこじって外してください

c-log980-06
パッドを外した状態

新旧ブレーキパッド

c-log980-07
新しいパッドにシムを移植して、ブレーキグリスを塗布します

c-log980-08
移植したら、キャリパーにはめる

オススメのブレーキパッドグリスです。

c-log980-09
新しいパッドをブラケットへ取り付ける

c-log980-10
パッドを取り付けたら、ブレーキキャリパーのピストンをウォーターポンププライヤーなどで挟み込んで
飛び出たピストンを戻します。

このとき逆流したフルードがタンクからもれないように最初にブレーキオイルを抜いておいたのです

c-log980-11
ピストンを完全に戻したら、キャリパーを取り付けます

c-log980-12
上のネジ

c-log980-13
下のネジ

これで反対側のブレーキパッドも交換したら、ペダルをポンピングしてふみしろを出しましょう。
踏みしろがでたら、ブレーキオイルをMAXまで補充。

あとはあたりをつけるために、そろりそろりと走り出す。

初期制動は非常に弱くなっているので、安全な場所でブレーキをかけて、
あたりを付けて、ブレーキが利くようになるまで注意しましょう

以上ストリーム RN9のリヤブレーキパッド交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする