これだけのスラッジが堆積しても普通に回る日本のエンジン

昔のお話ですが、オイル交換を頼まれてオイルを抜きました。

いつも通り、ドレンボルトを外して下から抜きパッキンを交換してオイルを入れようとしたんです。

エンジンは3S。同型車のオイル交換も相当やったことがあったんですが、こともあろうかオイルを注入中にオイルフィラーから溢れてくるオイル。

ええ?このエンジンはそんなにオイルの飲み込みがわるいエンジンじゃないのに・・。昔のいすづのエンジンなどはオイルレベルゲージを抜いておかないと、すぐに吹き返しちゃうことがあった。

だけど3Sだ。そんな経験は一度もない・・。

よくよく確認したら、オイル交換が1万キロ以上されていない。車の整備歴をみると激しくオイル交換のスパンが長すぎる・・。

原因はこちらでした。

スラッジがたまりまくっている。

ヘッドカバーもこの通り。オイルってヘッドカバーから入ってシリンダーヘッドへと流れていきます。

ヘッドカバーのオイル通路がスラッジで閉鎖されちゃっていたので、すこし入れたらすぐに溢れてきてしまったわけです。

ものすごーくゆっくり入れていかないとダメなんです。

これでは都合が悪いということで、できる限りの洗浄を施し、普通並みにオイルの飲み込みはよくなりました。

驚くのは、こんな状態であっても普通にエンジンは回ってくれるし、異音すらなかった。

トヨタのエンジンは頑丈だ・・。

スバルのEN07あたりだと、ここまでスラッジが堆積されちゃうとメタルの打音が出てきたりしちゃいますから。

このオーナーの車がNAでよかったなと心底思えた。

ターボだったら何回タービンを交換する羽目になっただろうか・・。

オイル交換の注意を促しても全然交換スパンが短くならないし、こういうタイプの人は言ってもなかなかわかってもらえない。

ある意味ランニングコストを最小限に収められて、経済的なのかな・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    こんな状態でも、普通にエンジンが回ってしまうなんて、日本車のエンジンはとてもタフな作りがされてますねぇ!
    ただ、オイル交換もされずに使われるエンジン、とてもかわいそうです…。
    エンジンオイル位は、まめに交換してあげてほしいですね!
    車の使い方、車に対する考え方は人それぞれだとは思いますが、自分は車は相棒と思って乗っているので、車のメンテナンスはとても重要視してます!
    いつまでも快調に走って欲しいですからね!!
    ※そうそう、昨日スバルからエンジンオイル交換に関しての封書が送られて来ました!
    MHOさんが以前言っておられた、異音判定の事です!
    エンジンオイルを交換しないとエンジンが壊れる!
    エンジンオイル交換しなかった事によるエンジンから異音が発生していないかを確認する!
    と言った事が書かれてましたね!
    EN07エンジン、オイル交換をさぼるとすぐにコンロッドの小メタルから打音が発生してしまうから、注意が必要です!

    エンジンオイル交換、定期的にしましょうね!!

    • MHO より:

      SC-84というサービスキャンペーンですね。異音が出ていた時困るんですよね。だからどうするんですか?って突っ込まれたりして・・・