MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車検のブレーキ検査「制動力判定」とブレーキについて

time 2016/08/30

車検のブレーキ検査「制動力判定」とブレーキについて

車検の時に、いわゆるブレーキテスターによる制動力判定という項目があります。それは、軸重に対して何パーセントの制動力がでていればいいというものである。制動力は左右にばらつきがあってもいけない。
この間エルフの完成検査を受けたときに、なんと制動力判定で落ちてしまった。ブレーキテスターを見ると、やっぱり右側に比べて左側の制動力がまったく上がってこない。

とくにホイールシリンダーがもれているわけでもない。一体何故?まず第一段階はこの状態でブレーキを焼いてみる。車検時に左右の制動バランスを取るためにブレーキシューの表面を削るんですが、削りすぎると当たりがでなくて、制動力がでないことがある。

sb-log915-01

このブレーキを焼いてあげても駄目ならいよいよブレーキ内部が原因になって来ると思います。
エルフの場合は分解した状態でブレーキを踏んでみたら、片側2つついているホイールシリンダーの1つがまったく動いていなかった。もれてはいないけれど固着をしているということでした。

大体この手の故障は距離を乗らない車に多いです。普段走行されていないから同じ場所でホイールシリンダーが動かずに固まってしまう。

このホイールシリンダーの固着について、修理方法は2つ。最善を期すのであればホイールシリンダーをASSYで交換してしまうことだ。しかし予算がきつくなる。そうなると、カップキットを交換してホイールシリンダーを磨いてやる作業になります。

ただこのカップキットとOHの作業を考えると多少安いくらいなので、できればホイールシリンダーはASSYで交換したほうがいい。

制動力がでないというトラブルは、ブレーキが機能していないことが多いです。漏れではなくて固着になると、大型クラスになると判別しにくくて困りますね

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ