車検代は高い。実感するのはその明細を見た時である。

この前、ロードスターの車検をやってみました。その明細を自分でじーっと眺めていると

「車検代はやっぱり高いよなぁ」

と実感してしまった。

まず法定諸費用と呼ばれる部分。

・自賠責保険代金 25830円

・重量税 24600円

・印紙代 1200円

これは指定工場で行った場合の法定諸費用です。陸事で持ち込み検査をする場合、印紙代が1800円になる。

つまり、最低限ロードスターを車検に通すには51630円でOKなのが事実です。3ナンバーの車ですよ?

しかし業者に車検を依頼すると、24ヶ月の法定点検から登録の代行料などがここに加算されてきます。業者はどこで車検代金をランク付けしてるのかというと、車両重量を目安にしているところがほとんどです。

いわゆる車検整備代金は

24ヶ月法定点検料金

下廻り洗浄・塗装代金

検査機器使用料・検査代行料

追加整備工賃・部品代

これらが法定諸費用以外にかさんでくる。24ヶ月の法定点検の基本料は下廻りの錆止め塗装などと含めると3万円を超えるのはザラです。

さらに、保適から陸事へ登録書類を持ち込む代行料。

追加整備が発生したらどんどんと加算していく工賃。

追加整備の工賃を例えるとすると、ファンベルトの交換やブレーキパッドの交換。各種ゴムブーツの交換代金などが当てはまってきます。

通常の24ヶ月点検の基本料ではまかなえない部分の工賃。これは指数表に記載されているのでどこの工場に車検を依頼したとしても似たかよったかの金額になってきます。

最低ラインで車検を通しても5万円弱の車。実際、社員割引を使ったとしても8万円程度かかりました。3万円は所場代と登録などの手間賃ですね。

うーん高い。初車検など24ヶ月の法定点検は2時間もかからないで作業は終わりますから。いかにコストパフォーマンスの高い商品なのかがよくわかります。

車検整備はどうしても高いというイメージが付きまとっていますが、実際に自分で車検を受けてみると高いよなぁって納得します。

重量税などもちょっと考えて欲しいですよね。本来の目的にちゃんとした名目で使われてないのが重量税ですしね。ガソリン税などと二重課税になってるし。毎年の自動車税もやってくるし。

車検代金はもう少し安くして、必ず法定点検を受けるようにしたほうが、故障車も少なくなっていいんじゃないかな。12ヶ月点検である程度整備をしておけば当然車検の時にはやることがなくなるし。それはそれでいいことだと思うし。

途中で重大な故障になる前に車検と車検の間の点検を義務付ければ、それも回避できる。12ヶ月点検だと、いろんな税金が発生しないからロードスタークラスでも2万円あればお釣りがきますから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. OZE より:

    印紙代ってなんですか?

    • MHO より:

      印紙代はその名の通り検査の印紙代です。軽が1100円。小型車が1200円。持ち込み車検は1800円になってます

  2. まも より:

    料金体制は30年前から変わらないですが、時代で変化した事がありましたね。
    30年前は基本ノーマルで、民間車検場でしか受付しておらず、タイヤサイズが違っただけで車検通らなかった時代で、小型自動車で13万円と過剰整備が問題になり、ユーザー車検が誕生し、代行料1万円位で取れるようになり、民間では立ち会い車検なるものが誕生し、自賠責も安くなり、軽自動車で5万円でお釣りがきました。
    すると今度は故障のクレームが沢山きたんでしょうか、点検整備の流れになり、昔と同じになった気がします。
    変わった所は重量税の減税と、指定工場の増加位で、整備費用は30年間変わらないですね、裏でまとめてるのが整備振興会ですから。
    自動車の自己管理させるつもりの規制緩和だったのに、自己管理出来る世の中にならなかったと思います。
    点検内容や仕組み、費用が変わらなかったのが残念です。

    • MHO より:

      今では故障が少なくなってきましたが、それぞれ部品の寿命も伸びてはきましたが、ちゃんと管理しないと壊れる物は壊れますからね。

  3. ひなぎく より:

    点検整備の費用もですが、車検に出すごとに高いと思うのは税なんですよね。13年越えるとさらに重量税が高くなったりしますし。
    せめて、ちゃんと直近の12カ月点検をやっている車は車検代金の割引をしてほしいなぁ、という気もします。(工場によってはそういうサービスをしているのかもしれませんが)