MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車庫入れの難しさ

time 2015/10/01

車庫入れの難しさ

本日は車庫入れの難しさというタイトルでお話しを。
車屋さんをやっていると、どうしても納車引取りという作業がでてくることがあります。
お客さんの家に車を取りに行って、お客さんの家に車を納車するということ。
これがなかなかどうして難しいことがある。
まず、お客さんの車に乗りなれていないこと。気難しいキャブの車やクラッチのつながりが
自分好みでないような車。そういった車は微妙なコントロールで車を寄せるのが難しい。
そして、大きな車。大きな車自体はさほどではないんですが、僕は大型免許も持っているため、
大型の納車にも出くわします。免許を持っているとはいえ、普段乗っている車は普通車なわけで、
たまにそんなでかい車を納車するときなどは気を使う。

sb-log478-01

先日も三菱のローザとトヨタのコースターといった2台のマイクロバスを届けにいったけれど、
車庫入れが難しかった。久しぶりの大型の感覚にとまどってしまった。
たまに現れるのが左ハンドルの車。これもなかなか難しい。うちの工場ではシボレーのアストロと
ベンツがそれに該当しますが、アストロなどかなり狭い車庫の中に入れないといけない。これが
左ハンドルだといつもと要領がちがって大変だったりする。
あと、断崖絶壁の上に家があるような家。雪が降るといったいどこが道なのかものすごい
恐怖感に襲われながら車を乗り入れたりするし、こんな狭いところにエルグランドが!?
などというところもあったりします。
とにかく毎日乗り入れしているオーナーではないので、車庫入れは人の車で人の敷地内で
行うことはかなり難易度が高くなってくると。
たかが車庫要れと侮っているとぶつけちゃうので、いつも集中していまっす。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ