修理か換装かのジレンマ

本日は修理か換装かのジレンマというタイトルで。
これは何のことかというと、前も話したことがあるかもしれませんがエンジンです。
エンジンを修理するか、載せ換えてしまうかということですね。
この問題にぶち当たるのは大体がオイル漏れなんですよ。エンジンにはいろいろなパッキンがあり、その全てのパッキンからオイルが漏れてくる可能性がある。
ヘッドカバー、ヘッドガスケット、オイルパンの液体シーリング、カムシャフトのシールクランクのシール、フロントカバーにリヤカバー。そしてリヤのクランクエンドシールオイルプレッシャースイッチやら各メクラ蓋など等。

syuuriorkansou

オイルが多量に漏れていた修理しないと車検には通らない。
が、いろんなところから漏れすぎているというオチ。先日も車検で入庫した車がそうだった。
もうすごい。ありとあらゆるパッキンが駄目になっているのかダラダラ状態。
エンジンを一度綺麗に洗浄。その後リフトアップした状態でかけておくがしかしどこからの漏れどころか分かりづらい。
各パッキンの値段というのはさほどでもありません。エンジンガスケットキットというものが存在していて、それが2万前後かな。それを買って、全てのシールを打ちかえればとりあえずはオイル漏れは直る算段です。
が、それを行う工賃がかかってしまう。全てのガスケットを交換するとなると、セミOHなみにエンジンを分解しないといけない。工賃がかさむ。
だったら載せ替えか?ということになってしまうわけですね。オイル漏れをしたエンジンを直すのに部品代と工賃で10万円かかる。リビルトエンジンが20万で手に入る。
こうなるとリビルトに動くお客さんも多数居るというわけですね。やはりオイルが漏れてくるということはそれなりに距離を乗っているわけだし、圧縮だって違う。
修理か換装かのジレンマは今日も僕を悩ませるのであった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    私は現品修理派です。
    なぜなら「自分が使ってきた物」だからです。
    リビルドだと悪いところは換えてあると思いますが、弱ってる部分はそのままだと思います。
    前の使用暦が判らない物よりか、判っている物の修理の方が自分は安心できます。
    でも昔20万で買った車に3桁の修理費をかけたら親に怒られましたがね。

    • MHO より:

      確かに自分が使ってきたものであれば、他の部分の現状もわかりますからね。
      昔リビルトエンジンを載せ替えたら、すぐにオイルが漏れてきたことがありました・・。