MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ハイブリッドカーを整備するための低電圧講習その2

time 2015/07/23

ハイブリッドカーを整備するための低電圧講習その2

今日も低電圧講習についての話題をお伝えします。
学科試験もパスして晴れて僕もハイブリッドの整備が可能になりました。
ハイブリッドは五百ボルト前後という車では通常の何倍以上もの高電圧を有しています。
それなのになんで低電圧講習?と思ったら、ハイブリッドの高電圧は車にしては相当なものだけど、
電気工事などで取り扱いする電圧としては低いので、低電圧講習をクリアすれば、
ハイブリッドは整備が出来るようになるという意味分けらしいです。
それと現在での一般的なハイブリッドという定義の車は動力源を2つ融合している車となっているみたい。
プリウスにおける制御はなかなかのもので、エンジンは実は高膨張エンジンを使っていると。
いわゆるミラーサイクルですね。パワー不足はモーターのトルクで補っている。

sb-log394-01

因みに昔も書きましたが、プリウスにはセルモーターはついていません。なので、
走行中にハイブリッドシステムがシステムダウンしてしまうと、エンジンの始動ができなくなってしまいます。
ホンダには緊急用のセルモーターがついています。
そして有名になった整備モードですが、これはトヨタのハイブリッド系統のみ備わっています。
20プリウスからはエアコンをかけっぱなしにしてもエンジンが止まってしまうそうで、
排ガステストを行うにはやはり整備モードに入れておかないとダメ。
プリウスのエアコンは家庭用のインバーターエアコンと似たようなもので、エンジンから動力を得てなくてハイブリッドバッテリーの電気で動かしているため、エンジンがかからなくてもコンプレッサーが動きます。
あとやはり一番は事故をしたときが怖い。ハイブリッドバッテリーの液漏れなどが起こったら
大量のホウ酸水で中和させないといけない。
もし事故でハイブリッドのシステムダウン用のプラグが抜けない場合は、エンジンルーム内のハイブリッドシステムヒューズを抜くとシステムダウンさせることができる。
とにかく久しぶりの研修で色々為になりました。
整備士皆さんはこれから主流になっていくので是非低電圧講習を早めに受けておくのがいいと思います。
また詳しくはホームページに記載しておきますので参考にして下さい

sponsored link

コメント

  • あと写真の部品を外すのに、絶縁ゴム手袋が要りますね。

    by 愛知の事務員 €2015年7月23日 20:18

    • 絶縁ゴム手袋、我が社にもあります。
      ですが、ディーラーなどでも通常の整備作業をするくらいなら、絶縁プラグは外さないそうです。

      by MHO €2015年7月23日 21:21

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ