MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

テラノ ブレーキを踏むとブレーキ警告灯が点灯する

time 2016/03/15

テラノ ブレーキを踏むとブレーキ警告灯が点灯する

ウォーターポンプを交換したテラノですが、
もうひとつトラブルを抱えていたのでそれも修理

トラブルはブレーキを踏むと警告灯が点灯してしまうというもの

c-log959-02
ブレーキを踏むと警告灯が点灯してしまう

c-log959-03
日産テラノ
型式 KD-PR50
エンジン TD27
平成7年式

通常ブレーキ警告灯が点灯するのは、ブレーキオイルの油面が下がってきているか、
それともサイドブレーキを引いたときかだ。

ブレーキパッドが減ってくると、そのぶんブレーキオイルがキャリパーの中へ流れ込み、
リザーブタンクの油面がさがる。なので警告灯を点灯させて、ブレーキパッドが残り少ないですよと
オーナーに知らせる役割をしている。

c-log959-04
ブレーキオイルはほぼMAXまで入っている。ブレーキパッドも問題はない

サイドブレーキを確認したけれど特に問題もなし。
症状はブレーキペダルを踏んだら点灯する。

もしかしてブースター系統かと思って説明書を開いてみる

c-log959-05
すると、ブレーキ警告灯が点灯する条件がもう一つこのテラノには備わっているらしい

それはブレーキ倍力装置に異常があるときに点灯するそうだ。

今の車はブレーキ倍力装置に圧力センサーがついていて、装置が壊れたら
警告灯を点灯させる車も出てきた。ダイハツの軽自動車などにはブースターに圧力スイッチがついている。

逆に大型トラックなどは、エンジンをかけない状態でブレーキペダルを何度もポンピングすると
ブースター内の負圧がなくなり、キーをONにすると警告音を発生させる車が多い

c-log959-06
テラノのブレーキブースターを眺めてみると、圧力センサーはブースター自体には
取り付けられていないようで、どこか違う場所で感知しているもよう。

ブレーキのペダルタッチはブースターが壊れているようなそぶりはあまり感じない。
つまり初期段階のトラブルかもしれない。

こういうときは、ブースターにつながるエアホースを点検するのが常套手段だ。

c-log959-07
15年以上たった車はゴムパーツが破損してもおかしくない。

インマニとブースターをつないでいるホースには異常はなし。
まあこのホースに亀裂がはいってればブースターの操作に違和感を感じるだろう。

 

ということは、他のバキュームホースはどうでしょう?と点検していたら

c-log959-08
全体をくまなく調べていると発見。バキュームホースが一本破断していた

c-log959-09
とりあえず新しいホースをつなげる

c-log959-10
よっこらせ

エンジンをかけて、ブレーキペダルを踏み込んでも警告灯は点灯しなくなった。

原因はバキュームホースによる負圧漏れでした。

バキュームホースは耐熱シリコンホースへ交換するのがおすすめ

c-log959-11
破断したバキュームホース。またおまえか。バキュームホース。といいたくなるような原因でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ