タイミングチェーンの交換理由

タイミングチェーンの交換と聞いて???と思う人は多いはずです。
なぜならば、タイミングチェーンはタイミングベルトと違って、交換する必要がないから。
しかし、事態は変ってきています。なぜならば、整備振興会で行われた講習では
タイミングチェーンの交換がこれからたくさん出てくるであろうという内容だったから。
その理由は、最近のタイミングチェーンは音を抑えるサイレントチェーンをもっぱら使用されている。しかし、このサイレントチェーンは伸びる性質を持ってくるということ。
伸びるとどうなるか?タイミングがずれてくるということ。タイミングがずれるということはそうです、排気ガスの計測で不合格になるということ。
つまりタイミングチェーンが劣化してくると、車検に通らなくなってしまうというわけ。

timing-chain1

あと数年もすると現行のタイミングチェーン車のタイミングチェーンが伸びてくるために車検時に排ガステスターでひっかかり、交換を余儀なくされると。
ではタイミングチェーンの交換はどうか?
これははっきり言ってタイミングベルトの方が簡単です。そもそもタイミングチェーンは交換されることを前提に作っていないから。まずは形状ですが、タイミングベルトは
ベルトカバーに覆われていますが、タイミングチェーンになるとチェーンを潤滑させる
ためオイルが廻っている。なのでフロントカバーの内部にチェーンを入れています。
つまり液体ガスケットなどでシーリングしてあるということ。このため、ヘタに交換するとフロントカバーよりオイルが漏れてくる。
しかも大体がフロントカバーを外すにはオイルパンも外す必要があります。
と、タイミングベルトの交換と比べてタイミングチェーンの交換は大変。
タイミングチェーンはオイル交換にも、劣化のきざしをみせるため、オイルを交換していないエンジンに再びタイミングチェーンをかけるのもいかがかなと・・・

そうなるとエンジン内部を綺麗にフラッシングする必要も出てきたりと何かと大変です。
タイミングチェーンの寿命を延ばしたければ、きちっとしたメーカーのオイルをきちっとしたスパンで交換すること。これに勝るものはないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 元スバルの糞メカニック より:

    ローラーチェーンでも、オイル管理が悪い車はテンショナーが伸びきってたし、スラックガイドで暴れてる音がしてましたよー。
    日産のLg型エンジンでもトヨタのTシリーズのエンジンでも・・・

    • MHO より:

      最近のタイミングチェーンは油圧がかかるまでガラガラという音がする車が多いですね。
      日産のVQエンジンも末期になってくるとかなりの音になってきます。

  2. 元スバルの糞メカニック より:

    可変バルブ機構に油圧が掛からないとギアが遊んでチェーンも
    遊ぶのでは無いでしょうか?