タイミングベルトとバルブクラッシュ

一般的にタイミングベルトの寿命は10年10万キロといわれています。
現場で仕事をしているといろいろ見てきましたが、それより持つ場合もあるし持たない場合もある。
最短では4万キロで切れたのを目撃しました。
逆に15万キロまで無事なのも見た。

timingbelt-valve-c

タイミングベルトが切れたら怖いのはやはりバルブクラッシュ。タイミングがずれてしまい、ピストンの上死点に対してバルブリフト量が最大になり接触してしまう。そうなるとバルブが曲がって圧縮圧力を保持できなくなり、エンジンがかからなくなる。
下手すればシリンダーヘッドから抜けなくなるケースもあるらしく、そうなるとシリンダーヘッドも交換しないといけなくなる。
修理代が何十万円にかさみ廃車になる。
なので早めにタイミングベルトを換えて下さいよとなるわけです。
しかし世の中にはバルブリフト量とピストンの上死点の間にクリアランスを設けているエンジンもあります。
これはベルトが切れてもバルブが曲がらないのでただエンジンがかからなくなるだけ。
ベルトを新品に換えれば治ります。
あとたまにディーゼルのOHVでカムと噴射ポンプのタイミングを合わせるだけのタイミングベルトもあります。
これも切れても大丈夫。ただエンジンがかからなくなるだけ。
外車に至っては四万キロで交換を推奨している車種もあります。
外車でバルブクラッシュを起こすと修理代が百万に登ってしまうこともあるので注意が必要です。
ボクは10年7万キロ位で自分の家族のエンジンのタイミングベルトを換えています。
当然オイルと冷却水の管理もばっちりです。安全です。
タイミングベルトは早めに交換しましょう

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする