MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

タイヤ交換のタイミング

time 2015/03/21

タイヤ交換のタイミング

先日、4月に入ったのでタイヤをスタットレスタイヤから夏タイヤへとはきかえをしました。
このタイヤ交換のタイミングというものがなかなか難しい。
スタットレスタイヤはその性質上、柔らかくて減りやすいので、なるべく普通の路上を走らない方が劣化しません。だから、雪のシーズンのみ使うという使用方法でなるべく長く使うように心がける人が多いんじゃないでしょうか?
このタイヤ交換のタイミングですが難しい。
ある年は3月に入ってもまだまだ雪が降ってしまって立ち往生した経験がある。
ある年は全く雪が降らなくて、無残にもスタットレスタイヤを減らしてしまう。
このジレンマとの戦いとなります。

tire-change-timing1

さすがに4月に入ってしまえば、雪が積もることはないという感じで、4月に交換しました。
タイヤ交換ですが、都会の人はあまり雪がつもらないということもありますのでスタットレスタイヤを持っていない人もいるそうですね。長野はかなりの積雪地方。
スタットレスタイヤは必須です。車も半分以上が4WDだと思います。
タイヤ交換をするといいことがある。それは自分でブレーキの残圧の目視ができる。
ブレーキドラムを外すのに、センターナット方式のものは外さない方がいいですが、それ以外なら簡単にブレーキの目視での確認が出来るのがメリットではないかと。
これを覚えておいて、半年後のスタットレスへの履き替え時にどの位ブレーキが減っているかをまた確認するのがお勧め。そうしたら1年間にどれくらいブレーキパットが減っていくかを自分でわかるようになってくる。これはなかなかのスキルでしょう。

一人がタイヤを交換すると近所も一斉に交換しだすのがなかなか興味深い。
そんな中、整備士なのにボクは車載のパンタジャッキできこきこ上げて、普通のクロスレンチでタイヤを交換するあたり、ちょっとむなしくなったりします(笑)

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ