MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

タイヤ代を安くあげる方法

time 2015/02/05

タイヤ代を安くあげる方法

自動車を所有していると、なにかとランニングコストがかかるもの。
距離を乗ってくればオイル類やベルト、プラグやエアクリーナー。そしてブレーキ廻りなどなど。
時間が経てば水類やゴム製品などが劣化していきます。

車の部品の中で、特に高額商品に当たるのがマフラーとタイヤじゃないでしょうか?
マフラーを長持ちさせるには、たまに車の下回りにもぐって耐熱シルバー塗装をしてあげること。
これだけでもちは違ってきます。
そして今回はタイヤ代を安く上げる方法をお伝えしたいと思います。

tire-item20

車検のときに、
「タイヤの残り溝が1,6mmをきっていますから交換しないと通りません」
などと、整備工場のサービスフロントより電話を受けて、
「お願いします」
と気軽に返事したら、タイヤ代だけで10万円を超えていた・・・・
なんてお話は日常茶飯事です。ではいかにすればタイヤ代を安く上げられるか?

お勧めはネット通販で、アジア製のタイヤを安く買うこと。
ネット通販では、国産のタイヤも当然ありますが、アジア製のタイヤがとにかく格安で販売されています。
最初はみなさん首を傾げてきましたが、いろいろな雑誌などで試されて、その性能は折り紙付きになってきました。
つまりタイヤは自分で通販で買うということ。
そして車検時にでもタイヤを交換してもらうのがいい。当然工賃はかかりますが、タイヤ代がとにかく馬鹿安なので工賃なんかたかが知れたものになってきます。

スポンサードリンク

冬の凍った路面でのスタットレスタイヤはやはり国産ブランドを選んだ方が良い。
夏タイヤにかぎっては、アジア製の良質のものを選んでもそれほど性能差は体感できません。
だったらランニングコストを低くした方がいいでしょう。
一度ネットでのアジア製タイヤの価格を見てください。国産の同サイズと比較するとビックリすると思います。
オークションで中古タイヤを買ってもいいけど、だったら新品のアジア製タイヤの方がいいと思います。
車検時じゃなくてもGSなどでスタットレスを履いている冬の間に夏タイヤの組み換えをお願いしておくのも手ですね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ