タイヤのPR数と車検

イージーミス

c-log784-01
2年前に新車で販売したホンダのアクティが車検で入庫してきました。
特に痛んでいたところはないんですが、
社用車ということで、早めにブレーキパットを換えた位。

さぁ、これでいいなと、防錆を吹いてタイヤをつけようとしたら発覚

c-log784-02
スタットレスタイヤが6PR。

バンはプライ数という強度の入ったタイヤを装着していないと
車検にはグレーになってしまいます。

一応最大積載時のタイヤ耐荷重が許容範囲なら大丈夫だという見解もありますが、うちの会社ではきちんとプライ数を合わせるようにしています。

でもってこれは6PR。
大体の軽トラックなどはこの6PRでいいんですが、ホンダは

c-log784-03
純正指定が8PRでないと駄目。

このスタットレスタイヤはどこで販売されたものなのかを突き止めるため
注文書を2年前にさかのぼり確認したら、なんとわが社。

てなわけで、保障で8PRの同銘柄のスタットレスタイヤに交換となりました。

c-log784-04

営業さんは必ずしも整備知識に優れているわけでもなく、
その時に相談されていなければ何を付属で販売しているかわかりません。

そして車検の時にサービス部隊が困ってしまうと

そんなことがあったりします。

しかし、ホンダの8PRなんて有名なんだから覚えておいてくれよ・・

とちょっとがっくりした一日でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sho5 より:

    MHOさんの会社は非常に良心的ですね。
    ディーラ系はコンプライアンス重視でそんな感じかもしれませんが、町工場系なら黙っているか、発覚してもご相談と称して幾らかの負担を求められそうです。

    • MHO より:

      実際に長野の陸事では装着されているタイヤの耐荷重が最大積載時にきちんと許容していれば通してくれるんですけどね。
      うちの会社は昔からNGを出してきているので・・