MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

タイヤの進化

time 2014/11/01

タイヤの進化

一昔前に比べるとタイヤの低扁平化がすすんでいます。

最近の軽自動車など15インチ、16インチなども出てきています。

原油高の影響でタイヤの価格は今年に入って上がったものの、低扁平タイヤが気軽に装着できる時代になりました

低扁平化のメリットはコーナーリング時にサイドウォールのよじれを防ぎ、

路面との設置面積を増やすことによるグリップの向上があげられます

あとドレスアップ要素も強く人気を博しているのはご存知の通りです

しかしその反面、乗り心地が悪化したり、タイヤの片べりなどを誘発しやすいのも事実です。

車検ではタイヤの残り溝が1、6ミリないと落ちてしまいます。

これは当然全周に渡って1、6ミリなければいけません。低扁平タイヤはショルダーのかたべりが著しくなりがちです。

タイヤと言えば最近は省燃費タイヤなども販売されています。

ヨコハマのアースワンが代表的な省燃費タイヤの先駆けにあげられます。

earth-1

 

原油高騰時代にタイヤが減って買い換えるなら、省燃費タイヤなども視野にいれるといいんじゃないでしょうか。

最後はランフラットタイヤです。これはサイドウォールの剛性をあげられて、

パンクして空気がなくなってもタイヤの剛性だけで時速80キロで80キロメートルの走行が可能なもの。

これは高級車に採用されてきています。日産GTRもランフラットタイヤで有名ですね。

最近はパンク修理剤を備えてスペアタイヤはつけてない車も増えてきました。

タイヤの進化はめざましいものがありますね。

ちなみにスペアタイヤがオプション設定になってきてることも追記しておきます。

シガーライターもね。以上タイヤの進化についてでした

MHOショップでは超超低価格でタイヤを販売!

タイヤ

一見の価値があり!

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ